中絶するリスクと女医が手術を担当してくれるおすすめクリニック

中絶するリスクと女医が手術を担当してくれるおすすめクリニックをご紹介します。

FC2USER522962SYS さん

6 PV

中絶するリスク

中絶するリスクをご紹介します。

■子宮の病気

手術後に子宮内感染による炎症や不正出血が現れる場合があります。激しい下腹部の痛みや、大量の出血などの症状がある場合はすぐに産婦人科を受診してください。

脱力感、吐き気、嘔吐、下痢、24時間以上発熱が続いたり、あるいは38度以上の発熱がある場合、腹部に痛みがある場合、腹部がひりひりとしていたり触ると痛かったり、長時間多量の出血がある場合、膣から悪臭のする分泌物がある場合、感染症の疑いがあります

侵入奇胎や絨毛がんに進展する可能性があり、その場合には抗がん剤による化学療法や外科的手術など、『悪性腫瘍』としての治療が必要になります。

■中絶するクリニックの選び方

中絶するクリニックの選び方をご紹介します。

■女性のスタッフ

中絶手術は、産婦人科、婦人科でおこなわれますが、担当する医師が男性ということも珍しくありません。しかし、「できれば女性に」と思う方も多いでしょう。近年では医師はもちろん、スタッフの全員が女性というクリニックも増えています。事前に調べればすぐにわかりますので、確認してから受診しましょう。

■ホームページをチェックする

HPからも病院の雰囲気をつかむことができます。医師の氏名や顔、経歴・実績がオープンにされており、費用も明確にしている病院を選ぶことが大切です。産科や婦人科での経験をしっかり見極めましょう。

■無痛手術に対応している

中絶手術は、約半数の人が痛みを感じるといわれています。気持ち的にも疲弊する中絶で、痛みもあるのは、とてもつらいものです。「痛みを感じたくない」という方は、麻酔や鎮痛剤などで痛みを減少させてくれる無痛手術を実施しているクリニックを選びましょう。

女医のいる安心のクリニック

女医のいる安心のクリニックをご紹介します。

■せいこレディースクリニック銀座

すべての手術を女性医師が担当。

年間500症例以上、医療事故0件、院内感染0件の実績。妊娠5週~10週目までの初期中絶に対応。

  • 1
  • 2