純金積立でおすすめの会社を比較しよう

金は、資産運用の中でも特に信頼性の高いものとして期待が持たれています。
今回は、純金積立をおこなう際におすすめの会社をまとめました。

FC2USER577663JIL さん

7 PV

資産運用における金の魅力

年金として支払われる金額の減少から、資産運用の重要性が叫ばれる昨今。
そんな中特に人気の高い、金の特徴にてご紹介します。

金それ自体に価値があるのも大きなメリット。国が破たんした時などに紙切れになるおそれのある紙幣とは違い、安心して持っていられます。

金がインフレに強いという点も見逃せません。インフレになるとモノの価値が上がり、現金の価値が下がりますが、モノである金の価値は上がる傾向にあります。金を購入することで、持っている資産の目減りを防ぐことができるのです。

ペーパー資産の値動きは発行体の情勢変化に敏感で破たんすれば価値がなくなる可能性があるのに対し、実物資産が無価値になることはありません。

純金積立とは?

上記の通り資産としてメリットの多い金。
そんな金を使った積み立て投資が、純金積立です。

純金積立は毎営業日自動的に積立が行われることから、日々の価格に一喜一憂することなく、長期の投資商品として初心者に人気の積立商品です。

一般的に、純金積立では管理保管料がかかりません。
金地金の現物を購入すると保管料がかるため、この点でも純金積立はコストを抑えた少額投資が可能です。
1,000円〜3,000円程度からはじめることができる純金積立は、金投資初心者でもすぐに始められるのです。

純金積立の場合は、毎月一定額を購入し続ける形で投資していきます。
そうすると、金の価格が下落しているときには自動的に多めに購入することになり、価格が上がっているときには少なめに購入することになります。
こうすることで、価格のブレが多少あっても、金の購入価格を平均化できるのです。

このような投資法をドルコスト平均法と言います。

純金積立でおすすめの会社比較

大事な資産を運用するわけですから、信頼できる会社を選ぶことも忘れてはなりません。
いくつかの会社の特徴を比較して、自分と相性の良い会社を見つけましょう。

■田中貴金属

創業1885年の田中貴金属は、貴金属地金および各種工業用貴金属製品の製造・販売を行う、貴金属のプロフェッショナルです。
「金」の輸出入が完全自由化された1978年に精製・分析の技術水準の高さが評価され、日本で初めてLBMA(※1)公認溶解検定業者の認定を受け、国際市場で通用する金地金を製造する資格を得ました。
お渡しする金地金は、厳しい品質管理の下、自社工場で製造された信頼のブランドです。

田中貴金属は「金」をもっと気軽な貯蓄にするために、日本で初めて「純金積立」を開発しました。その後もインターネット上でお取引できる商品を開発し、これまで田中貴金属で貴金属積立をご利用されてきたお客様は実に50万人以上にものぼります。

田中貴金属
「積立商品」に関するお問い合わせ
0120-43-5610

コールセンター対応・メール問合せ・店頭窓口対応あり・ネット売買可能

月々の積立額変更のお申込みができます。3,000円以上、1,000円単位で、いくらでも増額が可能なので、まずは無理なく手軽な金額でスタートした方も、ご予算や金価格の推移にあわせて、積立額を毎月でも変更いただけます。

KOYO証券
総合案内ダイヤル 受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日を除く)
総合案内フリーコール 0120-938-774

■住信SBIネット銀行

純金積立では、「ドルコスト平均法」と呼ばれる購入方法によって積立が行われます。
これは、価格の変動する純金を毎日一定金額分・継続的に購入する方法で、金価格の高いときは少なく、安いときは多く購入できます。
その結果、毎日純金を一定量ずつ買付けた時に比べて、価格変動の影響を減らし、平均コストを低く抑えることができます。

積立額は無理なく始められる月々1,000円から、1,000円単位でご自由に設定することができ、変更も可能です。また、年2回まで任意で増額を設定することもできます。

住信SBIネット銀行
一般電話から
フリーダイヤル0120-974-646

純金積立のリスクとは?

安定性が高いとはいえ、運用である以上忘れてはならないのがリスク面です。
純金積立には、どのようなリスクが伴うのでしょうか。

  • 1
  • 2