肌が弱い人におすすめされているセントラル浄水器とは?

日本の水道は衛生的なことで知られていますが、肌が弱い人にはそれでも刺激が強い場合があります。
肌が弱い人におすすめされている、セントラル浄水器についてご紹介します。

FC2USER577663JIL さん

11 PV

浄水器に期待できる効果とは

浄水器を使用してもしなくても、水は水に違いありません。
そこへきて、浄水器を使用するとどのような効果に期待できるのでしょう。

浄水器が不純物や有害物質を取り除き、より安全に飲める環境を整えてくれます。

水道水には、カルキ臭などの独特の臭いがあるものです。

この臭いのある状態では、冷水が必要となる料理も、おいしさが半減してしまうでしょう。

浄水器を利用して入れば、カルキ臭のもととなる成分も除去してくれるため、こういった臭いに悩まされることもなくなります。

浄水器をつければ、野菜を洗う時や洗米するときも塩素を除去した水を使えるので、栄養素が失われるのを防ぐことができます。

セントラル浄水器の特徴

数ある浄水器の中でも、近年特におすすめされているのが、当記事のテーマでもあるセントラル浄水器です。

セントラル浄水器は、その水道メーターの内側すぐに設置するタイプの浄水器です。 キッチンやシャワーの”出口”に取り付ける部分浄水とは異なり、大元に取り付けることにより、その名の通りあなたの家やマンション、施設内の全ての水道水を浄水することができます。

「元付浄水器」「元栓直結型浄水器」など他の呼び名もありますが、多くは同じものを指しています。

セントラルは「一極集中の」という意味をもち、水道配管の元に浄水器を設置することで、
飲み水はもちろん、料理水・お風呂・洗顔・赤ちゃんのミルク・ペットの飲み水にいたるまで
暮らしで必要となるすべての水を安心な浄水にします。

■セントラル浄水器の具体的なメリット

健康のはじまりは、朝一杯の水から。
寝ている間に失われた水分を、やさしいアクアス5の浄水で補給。有害な化学物質が除去されたクリーンな水で乾いたカラダを満たします。

水道水と浄水を切り替えて、浄水器を使っている人には朗報です!

オール浄水なら、この切り替え作業が必要ありません。ただ蛇口をひねるだけで、お湯でもお水でも、すべての蛇口から浄水が出てきます。これは本当に便利です。

オール浄水なら、セントラル浄水器を屋外に取り付けるので、宅内でまったく邪魔になりません!

キッチンが広々使えて、とっても便利です。

いちいちイライラすることもありません。毎日浄水器を見ない分、付けていることを忘れてしまうくらい、わずらわしさがありません。

肌が弱い人はセントラル浄水器がおすすめって本当?

上記のほかにも、特筆すべきメリットとして、肌にやさしいという点が外せません。
肌の弱い人にセントラル浄水器がおすすめの理由を、ご紹介します。

肌の弱い方や、特にアトピーの方には塩素は刺激となり、水道水が炎症部に触れると痛みを感じることがあると言われています。セントラル浄水器を使用されている方にも、肌への刺激を軽減させるため使用している方もいらっしゃいます。実際、セントラル浄水器をご利用し「入浴時にお水の刺激がなくなりました」との声も頂いています。家中浄水するセントラル浄水器は、アトピーの方にはうれしい浄水器です。

入浴する際は、シャワーと異なり一定時間水に浸かっているため、アトピーで水道水が刺激となるには、苦痛となります。その中、薬局や量販店などには、お風呂の浴槽に薬を入れ、塩素を除去する「塩素除去薬」も販売されています。しかし、お湯を追加すればまた薬を入れないといけません。セントラル浄水器は、アトピーの方でも気にせず自由に入浴を楽しむことが出来る浄水器です。

お水に触れるたびに肌を潤わせ「みずみずしいお肌」を保ち続けます。

セントラル浄水器の選び方

同じセントラル浄水器でも、商品ごとに特徴が異なります。
理想とする商品は、どのように選ぶべきでしょうか。

メーカーによりフィルターの材質が異なるので除去できる物質も異なりますが、除去できる物質が多ければ良いかと言えば、そう単純ではありません。日本の水には健康に必要なミネラルがたっぷり含まれているので、これをきちんと残してくれることが重要です。また、あたり前ですが、日本の水道水に含まれていないものを除去できる性能は必要ありません。

万が一の保証について

一戸建てのセントラル浄水器は戸外に設置するため、万が一の外部からの衝撃や、地震等による損傷などカバーや本体が傷つく恐れもあります。 せっかくの浄水器も保証がなければ、万が一のトラブルの際に使えなくなってしまうのです。

お引越しや、移設等で浄水器を撤去しなければならない場合、メンテナンスや保証がないと、大きな撤去費用がお客様にふりかかることがあります。

■メーカーの信頼性も大事

  • 1
  • 2