建築業界の大変さとやりがい

建築業界の大変さとやりがいについてご紹介します。

FC2USER522962SYS さん

9 PV

建築業界の大変さとは?

建築業界の大変な所をご紹介します。

■悪天候での作業

時には雨・雪でも外で作業しないとダメなので、寒さ、暑さ対策はしないといけません。夏の舗装工事の作業時は暑くて辛い時があります。

■大きな事故と隣り合わせ

作業現場では、少し気を抜いただけで大きな事故につながってしまうこともあるため、かなりの集中力を要します。

■休みが少ない

30人以上では、完全週休2日制の普及率は44.55なのですが、従業員29人以下の企業では、13.3%と低い普及率になっているんです。

建築業界のやりがい

建築業界のやりがいについてご紹介します。

■自分の仕事がカタチになる

いかに住宅の魅力を演出するか、必要な設備や装飾品は何かということまで考えて、建物の外観や空間をデザインします。自分のデザインしたものが住宅や空間としてカタチになったときに、これ以上ない大きなやりがいを感じることでしょう。他にひとつとしてないHOPの高級注文住宅のこだわりぬいたデザインには、ぜひ注目していただきたいです。

■社会の役に立っている実感が味わいやすい

建設会社が手がけていく「街づくり」は、結果的に、多くの人々の暮らしを支えることにつながります。

ダム建設などの災害対策や復興支援などにも携わることができ、社会と人々の役に立っている実感が味わいやすいところはこの仕事の魅力だといえるでしょう。

■協力して物事を成し遂げる喜び

大きなプロジェクトになるほど、関わってくる人員も多くなります。加えて、工期が年単位になることも少なくありません。その間、すべての人員が「構造物完成」というひとつの目標に向かいます。

そのため、各現場では強い絆が生まれます。誰かと協力して大きな仕事を成し遂げたいという志向を持っている方には最適の環境です。

建築業界で役立つ資格について

建築業界で役立つ資格についてご紹介します。

■建築業界で役立つ資格一覧

建築士
建設設備士
土木施工管理技士
足場の組立て等作業主任者
基礎施工士
コンクリート技士
建築物等の鉄骨の組立て等作業主任
コンクリート造の工作物の解体等作業主任者
圧入施工技士
クレーン運転士

  • 1
  • 2