早期修繕が必須!家の傾きによる悪影響とは?

早期修繕が必須!家の傾きによる悪影響についてご紹介します。

FC2USER522962SYS さん

5 PV

家が傾いているとどんな影響が出る?

家が傾いているとどんな影響が出るのかをご紹介します。

■精神的ストレス

「地盤調査の業者や施工業者などへの連絡、相談、調査の必要を考えると憂鬱になる」「かかるお金のことを考えれば不安になって夜眠れない」など、ストレスが募って体調を崩してしまう人もいます。

■身体的な異変

もっとも懸念されるべきことは、その家に住んでいる方々の健康に害が生じる可能性があるということです。

めまい、頭痛がする
肩こりや腰痛がなかなか治らない
平衡感覚が狂っている
原因がはっきりしない体調不良がある

■耐震性能の悪化

一番の問題はやはり「耐震性」「耐久性」など、建物の構造への影響です。

あまりに傾きが大きければ柱や梁といった「構造部材」の接合部に変形が起き、本来なら耐えられるはずの地震に耐えられなくなる恐れもあります。

家の傾きはどうやって修繕する?

家の傾きの修繕方法をご紹介します。

■硬質ウレタン注入工法

住宅の基礎の下部に空間ができて傾いている場合に有効で、その空間部分に硬質発泡ウレタンを注入してすき間を無くし、傾きを元に戻します。費用がリーズナブルで工期が短いというメリットがあります

■アンダーピニング工法

傾いている住宅の下にある基礎のさらに下に、長く固い鋼管を埋め込みます。

さらにその鋼管をその下の硬質地盤にまで刺します。

そうすることで、地盤だけでは支えることが出来なかった家をしっかりと固定することができます。

■耐圧盤工法

家の基礎下の土を掘り起こし固定ベース・ジャッキを設置します。施工箇所の地盤が家の重さに耐えられるようにジャッキの下部分に耐圧版を敷きます。ジャッキアップを行い家の沈下・傾きを水平に戻します。

家の傾きを修繕してくれる業者とは?

家の傾きを修繕してくれる業者をご紹介します。

■家の傾き専門店 西川

家の傾き専門店を運営する株式会社西川は、行政の補助金事業などで業界でもトップクラスの実績を持つ会社。家の傾き修正のノウハウが豊富な上、自社機材・自社施工なので、状況に合わせた最適な工事をリーズナブルな料金で行う事ができます。

■お家の傾きレスキュー

お家の傾きレスキュー

地盤関係の工事には、専門的な技術が必要になります。当社では20年以上地盤の工事等に携わった高い技術を持った職人が、安全にそして正確に施工を行います。

  • 1
  • 2