住宅ローンが払えない時はどうなるの?

さまざまな事情で住宅ローンが払えなくなる人がいます。
今回は、住宅ローンが払えなくなるとどうなるのかをまとめました。

FC2USER833936GQJ さん

7 PV

■住宅ローンが払えなくなってしまう原因

こちらでは、何が原因で住宅ローンが払えなくなるのか見ていきましょう。


会社の業績不振によるリストラ
ボーナスカット
昇給がなくなる
長期の病気療養やケガでの入院
妻が妊娠・出産で退職
予期せぬ親の介護


変動利率での借入で、利率が上がり住宅ローン自体の支払い額が増加
離婚・別居による養育費
子供の私立進学による教育費
起業するための準備資金

ほとんどが収入減少が理由

原因として、「収入が減ってしまう」「離婚してしまった」といったものが挙げられます。それらの中でも、収入が減ってしまうことが主な原因のようです。
以前に比べると、住宅ローンが支払えなくなるケースが増加傾向にあります。不安定な景気から給料やボーナスが下がるといったことが背景にあると考えられます。

このように、収入減少によって支払いが厳しくなるケースが多いようです。

■住宅ローンが払えなくなるとどうなるの?

こちらでは、住宅ローンが払えない場合はどうなるのかを見ていきましょう。

競売にかけられてしまう

滞納して1~3ヶ月が経過すると督促状や来店依頼が届きます。すぐに返済すれば問題ないですが、そのまま放置していると、裁判所から差押通知が届き、家は競売にかけられてしまいます。

強制的に追い出されてしまう場合も

都合に関係なく強制的に家を追い出されてしまう可能性もあるのです。

任意売却を検討しよう

「この先、ローンの返済を続けていくのが難しい」「ローンから逃れたい」と感じたらすぐにご相談ください。ご相談が遅れると、任意売却の成功確率は減っていきます。遅すぎて対応が間に合わないことはありますが、ご相談が早すぎて困ることは何もありません。経験者の方からよく聞かれる言葉に「早く相談すればよかった」という言葉があります。

もっとも良くないのは「払えないから仕方ない」と開き直ることです。
しっかり相談することで支払金額を減額してもらえる場合もあるので、放置だけはしないようにしましょう。

■住宅ローンが払えない時に頼りになるおすすめの弁護士事務所

こちらでは、住宅ローンの支払いが厳しくなった時に頼りたい弁護士事務所を見ていきましょう。

弁護士法人リーガル東京

任意売却やセールス&リースバックについては、売却条件などについて購入希望先と交渉し、債権者との交渉・売買契約などの締結、代金決済・所有権移転登記・差押や担保ある債権者への配当、を行います。
親子間売買については、金融機関との交渉・売買契約締結・債権者との交渉などをし、代金決済・差押や担保ある債権者への配当・所有権移転登記手続を行います。但し、債務が残る場合には、債務整理を引き続きいたします。

東京スカイ法律事務所

そのような事態になった場合に、いつまで住めるのか、引越費用はどうなるのか、残債はどうなるのか、任意売却・債務整理について、経験豊富な弁護士が親身にアドバイス致します。

アトラス総合法律事務所

住宅ローンなどを利用して不動産を購入している場合に、不動産の市場価格を住宅ローンなどの残高が超えている場合、いわゆるオーバーローンの場合には、ローン会社の抵当権の抹消が出来ないために、自由に売却することが出来ません。このような場合に、あらかじめ融資を受けた金融機関の同意を得て、不動産を売却することを任意売却といいます。

一新総合法律事務所

  • 1
  • 2