トイレのつまり直し方と間違った対処法

トイレがつまると生活にも支障が出ますので、早く改善する必要があります。
ですが対処を間違えると被害が拡大する恐れがありますので、正しい直し方を理解しておきましょう。

FC2USER818906FAI さん

12 PV

トイレのつまりの対処法として間違っている事とは?

トイレのつまりで間違った対処を行っているケースがある為確認しておきましょう。

■もう一度流さない

つまりが大したものではなかった場合なら、もう一度水を流せばつまりが取れることもあります。しかし、重度のつまりであった場合には、流した水が流れていかないので便器から水が溢れてしまいます。

つまりがひどい場合には、水をもう一度流す事でオーバーフローしてしまいますので注意が必要です。

つまりを奥に押し込んでしまう

トイレのつまりの原因がトイレットペーパーと排泄物であるなど水に溶けるものであれば、狭いところから広いところに押して上げることも解消法となりますが、水に溶けない固形物が詰まっている場合は、配管の奥にやってしまうことで余計トイレのつまりがひどくなります

つまりを解消しようとして、逆に押し込んでしまうケースも多々あります。

■熱湯を流してしまう

便器は陶器でできているため、温度の高いお湯だと急激な温度変化によって、ひび割れの原因になったりすることがあります。
早くトイレのつまりを直したいあまりに温度が高いままで使うのはやめましょう。

トイレつまりにお湯を使って解消する方法がありますが、早く修理したいと熱湯を流すと便器が破損する可能性があります。

トイレのつまりの正しい対処法

トイレつまりを解消する為の適切な方法を紹介します。

■お湯をバケツで注ぐ

軽度な便つまりやティッシュ・トイレットペーパーといった「水に溶けるつまり」であれば、お湯を使ってつまりを解消できます。

バケツに入れたお湯を高い位置から便器に注ぎ込む方法も有効です。

■ラバーカップでつまりを吸い出す

ラバーカップ(すっぽん)が家にある場合は、ラバーカップを使ったほうがすぐにつまりを直すことができます。

知っている方もいらっしゃると思いますが、ラバーカップは「つまりを引き上げる」ために使います。

ラバーカップを使ってつまりを吸い出す方法も家庭で簡単にできる方法の1つです。

■ワイヤーブラシを使用

「ワイヤーブラシ」とは、専門業者も扱うことのある道具です。

細長いワイヤーを便器に差し込むようにして、先端で排水路に詰まった異物を崩します。

ワイヤーブラシを使えば、奥のつまりも解消する事ができます。

自分では対処できない時におすすめの水道業者

水道業者に依頼する場合におすすめの会社を紹介します。

■水道救急センター

  • 1
  • 2