足立区で人気のあるおすすめ自動車学校

ドライブをしたり、家族の送り迎えをしたり、車の免許は持っていた方が何かと役に立つものです。生活環境においては持っていないと不便な場合もあるでしょう。そのためにはまず自動車学校に行く必要があります。自動車学校で取得できる免許についてなど自動車学校について紹介しましょう。

FC2USER092489IYN さん

11 PV

■自動車学校とは?

自動車学校は免許を取得するための学校です。
免許を取得するためにどのようなことをするのでしょうか?

・学科や技能を学ぶ

自動車教習所(じどうしゃ きょうしゅうじょ)は、運転免許を取得しようとする者などに対して、自動車を運転するのに必要な知識と技能を教習する施設である。

・免許取得までの流れ

1.教習所へ申込
2.入校手続き(オリエンテーション)
3.適性検査
4.第1段階
5.修了検定
6.仮免学科試験
7.第2段階
8.卒業検定
という流れで進んでいきます。
上記が教習所での流れとなり、その後、免許を手にするまでの流れが以下となります。
9.免許センターの本免学科試験
10.免許GET

・適性検査とは?

適性検査とは視力検査、色彩判別能力、聴力検査と運動能力検査とアンケート形式で行う運転適性検査があります。例えば視力検査で普通車免許の場合、、両目で0.7以上、片目0.3以上が求められます。もし、片目が0.3未満であっても、もう片方の視力が0.7以上でかつ、視野が左右150度以上あれば裸眼でもOKです。その視力に満たない場合、運転時に眼鏡やコンタクトの使用が義務付けられますのでご注意ください。

・仮免の試験とは?

仮免の技能試験の試験課題は、周回コース、直線道路、カーブ、障害物、交差点とその優先判断、坂道発進、踏切通過、S字、クランク、発進・到着時の確認作業、発進方法、停車方法などです。

■自動車学校で取得できる免許

自動車といってもトラックやバイクなどさまざまな種類があります。
自動車学校ではどのような免許を取得できるのでしょうか?

・自動車の免許

自動車の免許には、原動機付自転車(原付)・普通自動車を運転できる「第一種運転免許」、タクシー・バスなど旅客用の車を運転できる「第二種運転免許」、免許取得前に路上教習や検定を受けるのに必要な「仮運転免許」の3種類があります。

・普通自動車

一般家庭で見られる最もポピュラーな車で、ミニバンや軽自動車も含まれます。乗車定員は最大で10人以下、車両の総重量は3.5トン未満、荷物などの最大積載量は2.0トン未満です。
法改正前は車両の総重量が5.0トン未満で、最大積載量は3.0トン未満でした。

・準中型自動車

車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満、乗車定員10人以下の自動車を運転することができます。

・中型自動車

2007年から施行された道路交通法によって新設された新しい運転免許証で、車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満、乗車定員11人以上29人以下の自動車を運転することができます。
マイクロバスや宅配用自動車、ごみ収集車などが該当します。

・一般的な運転免許

教習所の利用者の大半が目指しているのは、いわゆる一般的な運転免許の取得です。一般的な運転免許とは普通自動車免許、普通二輪免許、大型二輪免許などのことを指します。

・運送や作業の仕事で必要な免許

運送業で使われる大型トラックや、工事現場や作業現場で使われるクレーン車やショベルカーなどの特殊車両の免許も、一般的な教習所で取得することができます。ただし、どの教習所でも教習が行われているわけではないため、注意が必要です。
運送や工事などの現場で必要となる免許には、大型車免許、大型特殊免許、けん引免許、中型車免許などの種類があります。

他にもバスやタクシーの運転には二種免許が必要です。
自動車学校によって取得できる免許とできない免許があるので注意しましょう。

■自動車学校の選び方

自動車学校には種類があります。
どのような自動車学校を選べばよいのでしょうか?

・教習内容をチェック

  • 1
  • 2