東京で中絶する際の産婦人科の選び方

東京で中絶を行う場合には、様々な産婦人科のクリニックの中から安心して受けられるところを選ぶことが大切です。

FC2USER240986TFB さん

6 PV

中期中絶の特徴

12週を過ぎた人工妊娠中絶術は中期中絶といいます。中期中絶は入院を引き受けている医療機関でしか受けることができません。

■入院が必要

薬を用い人工的に陣痛を起こし、出産と同じような形で分娩する方法で中絶手術を行います。そのため数日のご入院が必要となります。

■週数で費用が異なる

12週以降16週迄は1~2泊の入院を必要としますので、週数により金額が異なります。

初期中絶とは違い中期中絶では、数日間の入院が必要ですし、週数でのひようの違いがあることは理解しておく必要があります。

東京で中絶の際の産婦人科選びで気を付ける点

中絶手術は女性の心と体の両方に負担がかかる処置です。信頼できる医療機関を選び、患者さんご本人が納得のうえで中絶手術を受けることが重要です。

■手術の方法が安全かどうか

安全な手術を行っているか、経済面は大丈夫なのかなど、様々なことを考える必要があります。

■雰囲気で選ぶ

女性の医師や女性のスタッフが多く、患者さんがリラックスできる雰囲気作りに配慮しているクリニックを選びましょう。

中絶を依頼するクリニック選びでは、リラックスできる環境や安心して手術が受けられるかなどを検討してから決めることが大切です。

中絶手術後に気を付けるポイント

中絶手術の術後の注意点としては、病院からの注意事項以外、特別なものはありませんが、室内での日常生活・外出時、共に無理のないようにすることが大切です。

■ホルモンバランスが乱れる可能性がある

子宮が元の状態に戻るまで2週間程度かかりますので数日間は激しい運動や立ちっぱなし、重い荷物を持つといった行動は控えてください。

■不正出血が起こる場合がある

手術後1~4週間は、不正出血がみられます。出血の量は、人によって非常に個人差があります。

妊娠中絶後は不正出血やホルモンバランスの乱れなどが起こる場合があるため、体調の変化に気を付けて無理をしないようにしましょう。

中絶を繰り返さないための方法

子宮に負担のかかる人工妊娠中絶を繰り返さないなめには、手術直後から確実な避妊法を実践する必要があります複数回手術を受けると、不妊症や癒着胎盤などリスクが高まる可能性があります。

■低用量ピルを処方してもらう

  • 1
  • 2