風水の観点からわかった良い土地と悪い土地の違い

家を建てる際にトイレや玄関の方位などを気にする人もいるでしょう。金運や健康運のアップなどを考えた風水を取り入れるケースもあります。風水で良いとされる土地、悪いとされている土地の特徴を紹介します。

FC2USER092489IYN さん

10 PV

■風水とは?

風水とはどういったものか、知っているようで知らないものかもしれませんね。
風水について見ていきましょう。

・「気」を利用した環境学

風水とは、今から約四千年前に中国で発祥した、「気」の力を利用した環境学のこと。
そういうと難しく聞こえるかも知れませんが、風水とは、衣・食・住、行動など、自分の環境すべてを使って運を開いていく、いわば、開運のための環境学なのです。

・運を呼び込むことができる

風水とは、自分に影響を与えるあらゆる環境を使って、運を開くためのマニュアルと言えるのです。運が悪いと思う人は、まずは自分の環境を見回してみましょう。必ずそこに自分の運を落としている原因を見つけることができるはず。それを取り除き、運を呼び込むための風水を実践することで、どんな人でもかんたんに運のいい人になれるのです。

・快適な家づくりに役立てることができる

風水の発祥は古代中国の漢の時代にさかのぼります。当時の漢は、厳しい気候と黄河の氾濫に悩まされていて、多くの死傷者を出してきました。
こうした厳しい環境の中で、いかに住まいを快適にするか、様々な観測データを元に家づくりのノウハウが確立してきました。こうして、長年のデータと知恵が集大成され、「風水」が確立されたのです。

・風水ファンは多い

風水を取り入れて成功したか、成功したから風水を取り入れるようになったかは定かではないですが、会社経営者、一流のスポーツ選手、芸能人などに風水ファンは多いのです。

さまざまデータから生み出されたものが風水なのですね。

■風水で良いとされる土地の特徴

土地選びにも風水が役立ちます。
風水で良いとされる土地の特徴について紹介しましょう。

・朝日が入る土地

風水では東に川が流れている土地が吉相としていますが、これは朝日が昇る方角には高いものがないという意味も含まれています。

・日当たりが良い土地
・植物が良く育つ土地
・公園や学校などが近く、人が集まりやすい土地

・日当たりが良い土地は気の流れが良くなる

良い気を取り入れたり、気を滞らせないためにも、風水において、日当たりや風通しの良さは重要です。風水では、暗いところでは、気がよどむと考えられています。明るく風通しを良くすることで、陽の気が集まってきたり、気の流れが良くなるといわれています。

・北側が高い土地

北側が低いといざというときに頼れる人が見つからず、自分で背負いこむことになります。逆に北側が高いと困ったことが起こったときに後ろ盾ができ、人間関係が円滑になるのです。北側が低い土地は精神的に落ち込みやすいため選ばないようにしましょう。

・土地に変形がない

風水では、変形のない四角い土地の方が吉相となります。三角形の土地(三角地)や旗竿のような形をした土地(旗竿地)は避け、できる限り、四角形の土地や建物を選ぶようにしましょう。さらに、土地や建物に張りや欠けがないものだと、なお良しです。

・生活環境が良い土地

家の周りの建物やスーパーマーケットなども、住人の運気に影響を与えます。これらの生活環境の良い条件がそろった土地を選ぶと住んでいるだけで運気が上がっていきます。また、生活するうえでとても住みやすいはずです。

・すべてに当てはまるわけではない

一般的に良いとされており、かつ風水的にも良いからといって、万人に最適な土地かというと、そうではありません。例えば、「人の声が気になる」という家族の場合、「人が集まりやすい土地」は決して理想的な土地とはいえません。自分の家族はどんな土地であれば暮らしやすいだろうか…と考えながら選ぶことが大切です。

■風水で悪いとされている土地の特徴

  • 1
  • 2