ドッグフードで避けたい素材と注目したい素材まとめ

粗悪なドッグフードがある、ということはわかっていても「とりあえず高級なものを買えばOK」というわけではありません。しっかりチェックしないと、愛犬の健康を損なう可能性も…。

FC2USER605026DYA さん

4 PV

ドッグフードはいいものを選びたい!

大事な家族の一員である愛犬には、できるだけいいものを食べてもらいたいもの。最近はワンちゃんも高齢化していますが、健康に元気で暮らすにはまずドッグフードを変えるのが一番です!

ドッグフードで避けたいもの①添加物

オーガニックをうたっているドッグフードも多いように、フードの種類によってはたくさんの添加物が入っている場合もあります。添加物は必要なものもありますが、体に害を加える可能性があるものもあります。

特に注意したいのは

【酸化防止剤】
・亜硝酸ナトリウム
・BHA
・BHT
・エトキシン
・没食子酸プロピル
・エリソルビン酸ナトリウム

【保存料】
・デヒドロ酢酸ナトリウム
・ソルビン酸
・ソルビン酸カリウム
・プロピオン酸

次に、「〇〇粉」と記載されているドッグフードを避けます。「〇〇ミール」や「〇〇ふすま」、「〇〇グルテン」や「脱脂〇〇」も当てはまります。
要するに原料の時点で加工されているものを避けるのです。

ドッグフードで避けたいもの②穀物

穀物が体に悪いとは一概に言い切れませんが、本来肉食の犬にとって、穀物などの肉類は消化器官などに負担をかけるもの。そのためワンちゃんによっては消化不良を起こしたり、下痢になったりする可能性があります。

「グレインフリー」は穀物を使用しないで作られたフード。穀物とは、お米や小麦、大麦などの麦類、トウモロコシなどを指します。また、「グルテンフリーとは」小麦などに含まれるたんぱく質で、小麦アレルギーの原因となる物質です。

出典 Bros.

フードを選ぶ時は「グレインフリー」「グルテンフリー」のものを選ぶようにしましょう。

ドッグフードで避けたいもの③粗悪な肉

肉がたくさん使われていても、粗悪な肉が使われているのでは意味がありません。特に気を付けたいのが4Dミート。

4Dミートとは、DEAD(死んだ)、DISEASE(病気の)、DYING(死にかけた)、DISABLED(障害のある)の肉。鶏・牛・豚などの家畜や、事故や病気で死んだ動物の肉の使用を意味します。

4Dミートが使用されている場合は、原材料の欄に

○○ミール
○○エキス
肉類
副産物

といった名称で記載されているので注意してくださいね。

ヒューマングレードのドックフードはおすすめ

とはいえ正直ドッグフードの原材料には様々な表記があるので、全部をチェックするのは大変です。そんな時は「ヒューマングレード」のドッグフードを選ぶようにしましょう。ヒューマングレードとは「人が食べられる品質である」ということ。安心ですね。

細かくチェックして愛犬に健康的な毎日を

ドッグフードで避けたい素材はたくさんあります。そして今のところドッグフードに関する規制は人間ほど厳しくないのも現状。ならば愛犬の健康は、飼い主が守ってあげなければいけません。

  • 1
PR