ワンルームマンション投資のメリットやデメリットとは?

不動産投資の中の中でも、特にサラリーマンなどでも気軽に始められるのがワンルームマンション投資です。メリットもデメリットも両方あります。

FC2USER240986TFB さん

4 PV

「大家になる」とイメージするのもいいだろう。賃貸料のほかに、最終的に物件を売却して、購入資金との差額利益を得る要素もある。

■戸建て投資

中古戸建は一棟投資よりは初期費用が抑えられますが、土地代もあるので区分投資よりは高額になりがちです。

■ワンルームマンション投資

日本は非常に建築技術が高くマンションの寿命は70年を超えると言われているため、長期間に亘ってインカムゲインを得る事が可能です。

不動産投資は、実際にはワンルームマンション投資などいくつかの種類に分類されます。それぞれの投資で特徴や魅力的な点が見られます。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資は、仕組みを理解すれば普通のサラリーマンやOLが片手間でもできる、とても手堅い資産形成の方法です。

■利回りが高い

ワンルームマンション投資なら、平均5%以上の利回りが期待でき、安定した資産運用が可能です。

■少額から始められる

区分投資では都心の新築ワンルームマンションでも2000~3000万円で投資することが可能です。中古ワンルームなら数百万円から始めることも可能でしょう。

ワンルームマンション投資では、利回りが高く安定感がある、また小さな資金から開始できるなどいろんなメリットがあります。

ワンルームマンション投資を始めるには

一見した利回りだけではなく、将来的に安定して収益が得られる物件を選択する必要があり、当然ながら物件の質は非常に重要になるということです。

■シミュレーションをして検討をする

■地域ごとの状況を見極める

立地環境や購入時の価格などによって借り率にも大きな差が見られます。出来るだけ多くの借り手を集めるためにはそれだけに地域の状況を把握し、その地に合ったマンションを見極めるスキルが必要です。

ワンルームマンション投資を始める場合には、いきなり始めるのではなくまずは趣味レーションを行うなど準備が必要です。

ワンルームマンション投資に伴うリスクとは

■空き室リスクがある

  • 1
  • 2