不動産投資で成功するための行動とは?

不動産賃貸は手軽にできる投資方法です。始めるにあたっては様々な点を知っておき、慎重に成功に向けて行動する必要があります。

FC2USER240986TFB さん

6 PV

不動産管理の主な種類

所有している物件を人に貸して賃料をもらう場合、大家さんはその物件について適切な管理を行わなければなりません。

自分で管理するわけですから、PM(プロパティマネジメント=入居者管理)費用が削減できます。初めての投資で、規模が小さいのであれば自主管理にして色々と勉強するのもいいでしょう。

不動産管理委託契約とは、不動産オーナー(管理組合や個人投資家など)が管理会社(マンション管理会社など)にその物件の管理をお願いする契約のことをいいます

不動産管理を行う場合には、費用をカットできる自主管理もありますが、中には不動産会社に委託する場合もあります。

賃貸管理会社を選ぶ時のポイント

依頼をする際の条件や接客時の対応、客付力や提案内容などを確認して、実際にその不動産管理会社が扱っている物件がどのような状況になっているのか確かめておくと、安心して契約できます。

■集金管理をしてくれる管理会社

取り立てや督促の作業を管理会社が行ってくれるので、オーナーは手を煩わせず、しっかり家賃を受け取ることができます。

■実績数が多い

管理物件数や積み重ねられた取引実績数は、利用者からの一定の信頼を見る目安になるでしょう。

自主管理ができない場合には、管理会社に依頼する方法もありますが、管理実績が多いといった信頼できる会社を選択することが大切です。

不動産を賃貸するときのチェックポイント

住まいを貸すには様々な理由がありますので、将来を見据えて「貸す理由」をしっかりと整理することが重要です。

■収支計画を立てる

家賃収入を超えてしまう場合は自己資金も必要になります。
どのくらいの支出が月々・年間でありそうか、事前に計画を立てておきましょう。

■募集条件を決める

空室を作らないためには、入居者の募集を開始する前に募集条件をしっかりと検討することが大切です。

不動産を賃貸する場合には、将来のことを考え、収支計画を立てたり募集条件を検討するといった、慎重な行動が大切です。

不動産賃貸をする際にかかる税金手続きとは?

アパート経営やワンルームマンション投資と同じです。不動産賃貸業を行って儲かれば、そこに税金が加算されます。

  • 1
  • 2