最近カードローンの会社が多すぎない?だったらどこがいいのか?比較してみた

最近増えてきているのがカードローンサービス。銀行はもちろん貸金業も今後の未来を見据えて新しいカードローンのサービスを積極的に提供している。その中で特に目を引く会社をピックアップしてみました。

まおv74n さん

13 PV

カードローンとは?

カードローン(Card Loan)とは、銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付け(ローン)の一つです。

銀行又は協同組織金融機関(以下「金融機関」と総称)が発行するカードを利用するローンである。カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れることができる。ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用することができる。

カードローンの選び方で注目しておきたい点

注目点は、「借りやすい・負担が少ない」の2つ

「借りやすい」とは、「審査が通るハードルの目線」
を意味しています。


まず、「審査が通らない」とカードローンの
カードを作ることはできません。



「負担が少ない」とは、「金利が低い」という
ことと一致してきます。



審査が通過してカードローンを持つことを
できたのち、実際にお金を借りるときの
利息の負担の大小は、金利の数字に
影響されます。





「この2つの比較」をする場合は、反比例して
しまうことになりますので、最終的には貴方に
合った方法を選ぶことになります。



この2つのタイプのカードローンを実際の
会社に分けると、



貸金業と銀行のカードローン



に区分けすることができます。



貸金業(消費者金融)・・・借りやすい
銀行・・・金利が低い



大まかに言うとこのように区分けすることが
できます。

このカードローンに注目せよ!

ウェブ上からカードローンの会社をくまなく調べてみました。その結果「ここで申込みがおすすめ」という特徴のある会社を3選紹介します。

レイクALSA。借りやすさと無利息期間の長さが◎

はじめてなら、お客さまのご都合に合わせて、
無利息期間をお選びいただけます!
初めて自動契約機または電話でお申込みの方は「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」のいずれかからお選びください。
初めてご契約いただいた方で、契約額が200万円超の方は「30日間無利息」となります。
どっちがおトク?早見表

ご利用金額と返済回数から、どちらの無利息がお得かが分かります。
下記の表は実質年率18.0%、ご契約当日にお借入れされ、30日ごとにご返済いただいた例です。

初めての方には無利息期間サービスがあります。条件によって30日・60日・180日の3つの期間から選ぶことができます。この期間はお金を借りても利息は0円です。(毎月の元金返済は必要です。)またレイクALSAはお申込みからお借入れまで最短60分融資も可能!です。審査結果は申し込み完了後最短15秒待てば画面に表示されます。

銀行カードローンなら全国ネット申し込みで金利の低い三菱UFJ銀行。

カードローンがはじめての方でも安心してご利用、ご返済いただける、バンクイックならではの特徴があります。

金利と限度額

金利年1.8%~年14.6%で最高500万円までご融資。あらゆる場面にご利用いただけます。

インターネットから
24時間いつでも
お申込可能

必要な時にすぐにお申し込みいただけます。
テレビ窓口やお電話でのお申し込みも可能です。

利用手数料無料で、全国各地の当行・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで、いつでも気軽にご利用いただけます。

金利上限は14.6%で貸金業よりは低い金利です。銀行カードローンは各会社でほぼ提供されているサービスですが、三菱UFJ銀行のカードローンはセブン銀行ATMなど、銀行以外のATMも使えるので、使い勝手にも優れています。

ジェイスコアは新しいカードローンの形

J.Score(ジェイスコア)という個人向けローンが始まっています。ソフトバンクとみずほ銀行が資本を半分ずつだしています。こちら、カードローンと同じフリー融資ですが、カードを作る必要はありません。すべてPCかスマホで操作します。そして、今までにない審査しシステムに「AIスコア・レンディング」を導入しています。みずほは個人信用情報を、ソフトバンクはビッグデータを使ってスコアを算出して、ユーザーに適正な金利・極度額をスピーディーに提供する新しいサービスです。

まず一番は、サービス名称の一部でもあるように、ビッグデータ・AI技術を活用して「スコア」を算出している点でしょう。このスコアが高い人は、より良い条件(融資額、金利)で融資を受けることができます。

そしてスコアに「将来年収」という概念を持ち込んだことが、これまでと大きく違う点です。

「夢をかなえるために留学したいけれども、資金がない」「キャリアアップのために資格を取りたいが、手持ちのお金では足りない」という人生やキャリア上の課題を抱える方、特に20代・30代の若い方々の「挑戦したい気持ち」や「未来への投資」を、最新のテクノロジーを駆使したFinTechサービスでサポートしたいと考えました。

AIスコアに応じて様々な特典が受けられる日本初(※)のサービスや、
まったく新しいタイプの個人向け融資サービスなど、
AIスコアの活用はますます広がっています。

カードローンは年々進化しています。今後期待できるのは、マイナス金利などによる金利の引き下げです。各会社はここにしのぎを削って競争が始まると考えられます。もし、どうしてもお金を借りたいシーンが出てきたときは、計画的にカードローンを利用を考えてみてはいかがでしょうか?

  • 1