ねずみの被害とねずみ駆除する方法

渋谷のコンビニなどでも話題になっているねずみの被害や効果的な駆除方法などをご紹介します。

FC2USER522962SYS さん

3 PV

ねずみがもたらす被害

ねずみがもたらす被害にはどのようなものgはあるのでしょうか?

■ダニの被害

コンセントの穴からダニが大量に出てくる

ネズミの身体から家に引っ越しをして、人間の垢(アカ)やフケ、食べこぼしなどを食べて増殖するダニ。刺されると猛烈にかゆいです。

■噛みつき被害

ねずみはとても用心深く、賢い動物です。

小さな子ども・老人しかいない場合、大人がいる家に比べて活発になることがわかっています。

その際、寝たきりの老人や小さな赤ちゃんに噛みついて肉をかじっていくことさえあります。

ネズミが家屋内に住み着いてしまうと、感染症にかかってしまう可能性があり、特にご家族に高齢者や乳幼児などの免疫力が低い方がいる場合は、リスクが非常に高くなってしまいます。

感染してしまう病気には、レプトスピラ症以外にも、鼠咬症や食中毒など、さまざまな病気があります。

死ぬときはどこで死ぬかわからないので、住処にしていた屋根裏で死んでしまうことも。

動物なので死体は見えないところで腐敗し、悪臭を放つことがあります。

ねずみを効果的に駆除する方法

ねずみを効果的に駆除する方法を調べたのでご紹介します。

■ばね式と箱式

単純な原理のねずみ捕りグッズ。不用意に近づいたねずみをしっかりと捕獲できますが、「捕えたねずみの処理」という作業が非常に厄介です。

台所などの餌場に殺鼠剤を設置します。

ただし、天井で暴れている場合は運動場として使用していることが多く、餌場ではないので設置しても食べません。

そんな場合は、持ち帰ることのできる、投げ込みタイプの殺鼠剤を設置しましょう。

ネズミが嫌がるニオイを出す忌避剤(きひざい)を使用し、ネズミの住みにくい環境にします。

既に侵入しているネズミの追い出し、新たなネズミの侵入防止に向いています。

■粘着シートの設置

・ネズミを捕獲するために粘着シートを仕掛けます。

・手の届きやすいところにどんどん設置します。

・ネズミがかかったら回収し、再度シートを仕掛けます。

  • 1
  • 2