夏の暑さをしのぐ

この暑さを少しでも涼しく感じることができる工夫。エコや昔の人の知恵をまとめてみました。暑いから夏をぶっ飛ばそう

FC2USER268696SYI さん

10 PV

やっぱり夏は暑い!

家の中で快適に過ごすために・・

日の当たる部屋で電気代を節約

天然のよしずは壁との間に隙間ができる。

ここに風が入り込み涼しさをかんじることができます。

●● 西日 ●●
午後からあたるお部屋で過ごすために・・・。

日差しを遮る

アルミの効果は抜群

ビーチでアルミのレジャーマットで昼寝したことはありませんか?

肌にべったりくっつくことなくさらっとした感じもします。
直接日光に当たっているところはじりじりとしますが、意外に快適にビーチの日陰で過ごせます!

反射率97%のアルミ遮熱断熱材は、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。更に吸収された残りの3%は、エアーキャップによる断熱層が熱の伝導を防止しますので、最強の断熱材と言えます。

窓の外
アルミのシートで熱を遮断。効果抜群だと考えられます

朝のひかりを遮ることで、快適な朝を迎えらえると考えられます。

●気温によって、窓を開けて外の風を入れることで部屋の浄化もできる。
 
外の空気はやさしく、部屋の空気を回す。

部屋の窓は対象となる部分を開けるといい。風を通す一つの方法です。

●● 自分をひやす ●●

外でも使っているクーリング
首にタオルを巻いてみる
冷えピタ 脇やおでこを冷やしてみる
アイスノン アイス枕をタオルで巻いてみる

一瞬 ひやっと これ気持ち的にも涼しくなれる

冷たさを継続できるもの、自分だけをしっかり冷やすために必要なグッズ。

●● 体の中から ●●

体を冷やすお勧め食べ物・料理

●● 扇風機とエアコン ●●

6月の梅雨の頃から除湿機能を使い始め、梅雨明けの7月頃から冷房を使う人が多いようです。
ただ、最近は地球温暖化の影響で、5月を過ぎたあたりから、気温が25度を超える、いわゆる「夏日」が増えてきます。
部屋の温度が30度、湿度が70%を超えるようになると、体感的にはかなり高温かつ不快に感じます

エアコンを上手に利用する。

温度を少し高めにする
できれば28度で調整する。

冷たい空気は下にたまりやすい

エアコンの羽を上向きにする
部屋の空気を巡回させるために扇風機やサーキュレーターを利用する。

  • 1
  • 2