あまり知られていない事実!?免税店の仕組みや店舗を紹介します♫【アレキサンダー&サンなど】

この記事では意外と知られていない免税店の仕組みについてまとめています。また、外国人から人気の免税店ですが、じつは日本人も利用できるお店もあるんですよ♫
アレキサンダー&さんなど日本の有名な免税店も紹介しているので、ぜひ、参考にしてください。

Bozzzzz さん

5 PV

そもそも免税店って何?

免税店は、出国する旅行者に対して、商品にかかる税金を免除して販売する小売店をいう。主に空港内や一部の繁華街に存在する。また、国際航路の船内に設けられているショーケース販売や、国際線航空機の機内免税品販売も免税店の一種である。

▼免税店で差し引かれている税金は、主に3種類

免税店で差し引かれている税金は主に次の3種類。

・消費税
・酒税
・たばこ税

免税店ではこれら3種が引かれることになっています。

▼基本的に免税店を利用できるのは外国人旅行者

免税店で免税された商品を買うことができるのは外国人旅行者です。

そして免税店に関する規定の中では、外国人旅行者は「非居住者」ともいわれています。では、「非居住者」とはなんなのでしょうか?

「非居住者」とは、基本的には「外国人」なのですが、例外もあります。例えば日本の場合なら「日本国内にある事務所に勤務する人」「日本に入国後6ヶ月以上たった人」は外国人でも免税店の免税対象にはなりません。

じゃあ、日本人は免税店を使えないの?

では日本人は免税店に行っても意味が無いのかというと、そういうわけではありません。

条件に当てはまる場合は、日本人であっても免税店で免税されたものを買うことができます。

多くの免税店では、パスポートを掲示すれば消費税を差し引いた金額で商品が買えます。また、消費税込みで一旦購入しておいて、その後その店の別のデスクで必要書類を提示すると消費税が帰ってくる、という方法も最近日本では導入されました。

免税店でお得に購入できるもの

その商品にかけられている税金分が安くなるということなので、かけられている税率が高ければ高いほど免税店では安くなります。

日本にはたばこ税、酒税といったものがあるのでタバコ、酒類は免税店で買ったほうが安くなります。

しかし、買い込みすぎると今度は入国のときに高い関税がかかることがあります。そうなると何のために免税店で買ったのかよくわからないので、買い過ぎは控えたほうがいいですね。

日本国内にある主な免税店を紹介!

最後に日本国内にある主な免税店を紹介します。

①アレキサンダー&サン

②ラオックス

  • 1
  • 2