現場監督になるためにはどうすればいいのか?

現場監督の仕事内容や現場監督になるためにはどうすればいいのかなど。現場監督についての情報をまとめました。

FC2USER522962SYS さん

3 PV

現場監督の仕事

現場監督の仕事にはどのような物があるのでしょうか?

一般的な現場監督の仕事をご紹介します。

ビル建設や住宅建築など現場によって作業工程は様々ですが、現場監督は任された現場の工程を細かく管理します。

工期内に現場を終わらせるには、天候と作業内容を考慮して適切な工程を指示、管理することが大切です。

■実行予算と発注作業

現場や所属している会社にもよりますが、工程管理を行う現場監督が合わせて、実行予算の算出と、下請け業者や必要な材料等の発注を行います。

自社の利益率を計算しながら、下請け業者との値段交渉を行う事になるため、こちらも非常に重要な仕事です。

建築現場で作成する必要のある書類は大きく分けて

施工の予定(計画)に関する書類
施工の記録に関する書類
契約や変更に関する書類

営業がお客様の対応から工事監理まで一手に引き受けてしまうととても忙しくなります。

そして、現場数が多くなってくると商談に割ける時間が短くなってしまいます。

その点、現場監督がいる場合、営業は工事内容を現場監督に伝えるだけで済むので、

顧客対応に注力することができます。

現場監督になるためにはどうすればいい?

現場監督になるための方法をご紹介します。

■経験を積む

3D Animation Production Company

現場監督でスキルアップしていくためには、色々な規模のプロジェクトで、多様な経験を積むことが重要です。

テクノプロ・コンストラクションのような大手派遣会社であれば、充実した研修があり、専門知識を得られるだけではなく、早い段階からさまざまな現場に派遣されるので、現場監督しての経験を積めるでしょう。

■資格を取得する

1級建築士や各種施工管理技士の資格を取得することです。施工管理技士には、土木や建築・管工事・電気などがあり、取得した資格によって監督が行える工事が異なります。

土木工事施工管理技士や、建設工事施工管理技士の資格を取得すると、より多くの現場監督になることができるでしょう。

■主任技術者になる

現場監督になるための「より簡単な方法」は主任技術者になることです。

主任技術者の適格者になるには、資格と実務経験が必要です。

■統率力をつける

一人の現場監督に対して職種の異なる職人たちが少なくとも20人以上は同じ現場に携わります。当然ですが、職人の数が増えれば増えるほど作業量は増え、それに応じて現場監督の仕事量も増えていきます。
それらの職人をまとめ、現場を円滑に回していこうとしたとき、必ず必要となってくる能力が「統率力」です。

  • 1
  • 2