婚約指輪はブランドで選ぶべきではない?

一生つけ続けることもある婚約指輪だけに、誰もがこだわって選ぶことでしょう。
ですが、だからといってブランドに執着して選ぶのが正しいかといえば、そうとも限りません。

FC2USER577663JIL さん

10 PV

有名ブランド=良いものとは限らない?

有名な高級ブランドで作られているアイテムは、多くの場合上質です。
ですが、かならずしも良い物とは限らないのも実際のところです。

婚約指輪を安く購入するコツは「ブランド」「カラット」「デザイン」の3つに注意して選ぶことです。この3つの要素で婚約指輪の価格が決まるので、自分が妥協したくないポイントはしっかり押さえつつ、優先順位の低いものはリーズナブルな選択肢を選ぶと賢く節約できます。

婚約指輪の価格を決める最大のポイントは、やはりダイヤモンド。
ダイヤモンドの質次第で金額は大きく変わります。カラット数によっても値段が変わるので、ぜひ以下のページからチェックしてみてくださいね。

婚約指輪の人気デザイン

高級なブランドアイテムでなくても、人気のデザインをチョイスすれば、満足度の高い婚約指輪となるでしょう。
近年の人気傾向について、ご紹介します。

■ソリティア

もっともオーソドックスなのがこのタイプ。一粒のダイヤを印象的にあしらったシンプル型だけに、品質が重要!

「サプライズでプレゼントしたい」と、男性一人で買いに行く場合は、婚約指輪の王道とされるソリティアを選ぶ傾向があるようです。センターストーンが引き立つことで見栄えも良く、プロポーズにはぴったりのイメージがありますね。

メレとは、センターストーンのサイドにセットされた0.1ct以下のダイヤモンドのことを指します。この、メレがセットされた婚約指輪を同じくメレと呼びます。メレはセンターストーンの存在と輝きをより引き立たせてくれるため、手元が華やかな印象になるのが特徴です。

メレのセットの仕方や個数によってセンターストーンの印象も大分変わるため、いくつか試着をしてみてイメージに合ったデザインのものを選ぶようにしましょう。

アームが曲線がかったデザインです。曲線の描き方によって様々な造形を作ることができます。

■エタニティ

リング外周にダイヤモンドを敷き詰めて、身につけるとダイヤモンドの輝きで満たされるデザインです。

最も贅沢なデザインと言えます。

婚約指輪の費用相場

前述の通り、若い世代においては婚約指輪にかける費用を抑えめにする人も増えてきています。
全体の相場についても、考えていきましょう。

首都圏で行われたアンケートによれば、2016年婚約指輪の平均予算は39.4万円となっています。婚約指輪の平均予算は多少の増減はありつつも、例年あまり大きな変化はありません。

昔は「婚約指輪は給料の3ヶ月分」という言葉もありましたが、実際はもっと現実的な価格で、だいたい給料の1.5ヶ月分くらいを目安にしている男性が多いようです。

おふたりでお着けいただく結婚指輪のご予算は、ペアで20万円前後、女性用のリングにダイヤモンドをあしらったタイプが人気です。

リーズナブルな婚約指輪を検討できるおすすめブランド

あまり知られていないブランドであっても、おしゃれで見栄えするデザインを扱うところもいくつか存在します。
コスパ重視の人におすすめのブランドを、ご紹介します。

  • 1
  • 2