松坂桃李主演の『娼年』がすごいらしい!?その魅力と無料で観る方法まとめ

女性を中心に、松坂桃李さんの主演映画『娼年』がすごいと話題です。あらすじだけ見ると過激というか、少し引いてしまうような内容…。でも、これだけ話題になるのにはもちろん理由があります!話題の映画『娼年』を無料で観る方法はあるのでしょうか…?

FC2USER730849DTS さん

525 PV

『娼年』のあらすじ&詳細まとめ

主人公の森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。

入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

『娼年』の簡単なあらすじです。簡潔にまとめると娼夫になった主人公・リョウが成長していく話です(ざっくりですが…)。娼夫を題材にした映画なんてすごいですよね。もちろん劇中はそのようなシーンのオンパレード。話題にならないはずがありません。

映画の宣伝のために「A-Studio」に出演した主演の松坂桃李さん。『娼年』の撮影秘話についてたっぷり語ってくれました。なんと撮影に向けて、AVを観て研究したそうです。この放送を観た視聴者やファンからは「やばい」という声が続出!

『娼年』の原作者は人気作家の石田衣良さんです。あらすじが気になる人は、まずは原作から読んでみても良いかもしれませんね。題材が題材だけにAmazonの感想は賛否両論…。内容は過激ですが、蓋を開けると人間模様を描いた深い話なので、ぜひ読んでみてほしいです。

『娼年』公式サイト。主演の松坂桃李さんが色っぽいです。トップページに書かれている「僕を、買ってください。」というキャッチコピーもインパクト大!『娼年』の監督は、劇作家や演出家としても活躍している三浦大輔さんです。

『娼年』の注目キャスト

・松坂桃李/森中領(リョウ)役

主演の森中領役を演じているのは松坂桃李さん。説明不要かもしれませんが、数々のドラマや映画で主演を務めてきた若手俳優さんです。雑誌『FINEBOYS』専属モデルとして芸能界デビューした松坂さん。183cmの高身長でスタイル抜群!

・ 真飛聖/御堂静香役

女性専用コールクラブのオーナー・御堂静香を演じたのは、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖さんです。2011年に宝塚歌劇団を卒業後、数々のドラマや映画に出演しています。『娼年』での演技も注目を集めました。

・江波杏子/老女役

領のお客さんは年齢も抱える事情もさまざま。その中でも特に印象深いのは、大女優の江波杏子さんが演じた老女です。当時引退も考えていたという江波さんですが、『娼年』のオファーをもらって心境に変化があったそうです。

『娼年』を観た人の口コミ

「松坂桃李の色気がすごい」という感想が目立ちました。『娼年』の観客はほとんどが女性なんだそう。その理由は、やっぱり主演の松坂桃李さん。普段から色気のある俳優さんですが、『娼年』ではそれがMAXに達しています(笑)

いけない世界だけと、性的に満たされない事情を抱えた女性達に対して、仕事としてその役割を果たすことは有りなのかもしれないです。でもそれは映像が美しくて都会的で、桃李くんがかっこいいからそう思えるのでしょう。

日常とはかけ離れている世界を描いているので、戸惑いつつも「価値観が変わった」という人もいるみたいです。それくらい衝撃的な作品なのかもしれませんね。松坂桃李さんはもちろん、映像の美しさも注目したいところ。

映画ライターの方の感想です。『娼年』の魅力はエロさだけではありません。数多くの映画を観てきたプロに「救われた」「この映画に出会えて良かった」と言わしめる『娼年』。ますます気になってきませんか?

『娼年』を無料で見る方法はあるの?

「娼年を無料で観たい!」という人も多いと思います。無料視聴に関する情報はこちらからチェックして見てください。結論から言うと、2019年4/1時点で無料で視聴できる配信サービスはないとのこと。ただし、格安で視聴できる方法があります。

まとめ:すごいと話題の『娼年』をチェックしてみて

話題の映画『娼年』の魅力や無料で観る方法をまとめてきました。

過激な内容ばかりが先行しがちですが、実は奥深い内容なのでぜひチェックしてみてほしいです。

もちろん松坂桃李さんや女優さんたちの体を張った演技も見逃せません!

  • 1
PR