仮想通貨って実際どうなの?ビットコインなど今の暗号通貨事情をまとめ

取引所のハッキングに価格の暴落と2017年末のフィーバーぶりが嘘のような仮想通貨市場ですが、実際のところ今はどういう状況なのか?まとめてみました。

FC2USER420238TCO さん

3 PV

まず仮想通貨とは

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

「仮想通貨」(バーチャル・カレンシー、Virtual Currency)とはその名の通り、紙幣や硬貨のような実体がなく、インターネット上でやりとりされる電子データのことです。

仮想通貨投資とは

ビットコインを含む仮想通貨の価格は日々変動しています。

この価格の動きを利用して利益を目指すのが仮想通貨投資です。

ビットコイン以外にも様々な仮想通貨があるので今動きが活発な通貨を選びながら取引をする事も可能。

仮想通貨の魅力は少額取引が可能なのはもちろん、その変動率の高さです。

売り買いのタイミングを判断するにはチャートを読む事がとても重要になります。

場数こなしていけば「この辺で買おう、この辺で売ろう」みたいなのが見えてくると思います。こうやって自分なりの「売買ポイント」を形成していくのです。

どうして仮想通貨バブルははじけたのか?

仮想通貨バブルとその崩壊も、アイドルとの類比で解釈することが可能だ。そのキーワードは「薄商い市場」だ。薄商い市場とは、取引する人たちが極端に少なく、その人たちが市場に参入・退出(つまり売り買いをするかやめるか)するだけで、大きくその取引される財やサービスの価格を変動させてしまうことを意味する。

ビットコインや他の仮想通貨でも無数の取引者(オタク)がいるように見えて、実は大部分が単一のオタクと同じである。つまり取引する動機がどれも投機目的だけの、しかも短期的な利益を得ることに傾斜した仮想通貨オタクが大半なのである。

だが、何かをきっかけに(アイドルであればスキャンダル、ビットコインであれば規制強化のニュースなど)一気に市場からごっそり去っていく。それはバブルの崩壊をもたらす。

2018年初頭からの急落、それに加えて追い打ちをかけるように発生したコインチェックのハッキング事件が上記の言うきっかけになったのかと思います。

国内最大級の仮想通貨取引所Coincheckでは2018年1月、不正アクセスにより5億2630万10ものNEM(XEM)が流出し、被害者は約26万人におよびました。

最終的に、Coincheckは被害者に対して自己資金から1NEM(XEM)あたり88.549円の補償を実施し、現在はマネックスグループの子会社となっています。

現在の仮想通貨の状況は?

大手の企業が仮想通貨技術や決済の導入を始めているものの、社会的に見るとその盛り上がりは閉鎖的なのが現実だ。 Googleで仮想通貨関連ワードの検索ボリュームは価格と強い相関を示しており、大暴落が起こった2018年以降は低空飛行が続いている。

仮想通貨市場の盛り上がりにかける理由として、金融市場からの不信感が拭いきれていないことが第一に挙げられる。 特に、2018年1月に起こったCoinCheckのNEM流出事件が決定的だったと言えよう。

それでは、仮想通貨が一般社会に浸透するためにはどうすれば良いのだろうか。

まずは安全性の保証が第一に取り組むべき課題だろう。

また今後仮想通貨事業が問題なく運用していくには、法による環境整備が必要不可欠だろう。 また、法律は信頼度の担保になるという意味でも非常に大きな役割となるはずだ。

「仮想通貨」(バーチャル・カレンシー、Virtual Currency)とはその名の通り、紙幣や硬貨のような実体がなく、インターネット上でやりとりされる電子データのことです。

  • 1