施工管理技士への道は派遣社員が最短コース!おすすめの派遣会社

建築関連のキャリアアップにおいて、施工管理技士は魅力的な資格です。
そして施工管理技士になるための方法として、派遣社員になることがおすすめです。
その理由や、おすすめの派遣会社をまとめました。

FC2USER577663JIL さん

6 PV

施工管理技士になる方法

施工管理技士は、一般の作業員よりもはるかに責任の大きくなる仕事です。
それだけに、簡単に手に入れられる肩書きでもありません。
どのようにすれば、なれるのでしょうか。

建築現場には大人数が関わり、工事も長期間にわたる。スムーズに工事を進行させるためには、スタッフとの良好なコミュニケーションや、現場の雰囲気を盛り上げるリーダーシップが欠かせない。

また、膨大な工程においては、大小のトラブルが発生することもあり、場合に応じた適切な判断力も求められる。安全を管理する立場としては、きめ細かな注意力も必要だ。

建築施工管理技術検定には2級技術検定試験と1級技術検定試験があり、これらに合格すると2級建築施工管理技士や1級建築施工管理技士を名乗ることができます。

施工管理技士の基礎知識

施工管理技士の仕事内容について、ご紹介します。

建築施工管理技士は、建設現場で現場監督もしくは現場代理人と呼ばれる仕事を行います。工事を発注した依頼主との打ち合わせや、設計者との打合せ、建設現場に出入りする職人の監督、指導が主な仕事の内容になります。

建築施工管理技士は、建築施工に関する専門的な知識はもちろんですが、「管理する能力」が最も大切です。例えば工程管理は、建築施工管理技士の重要な業務の1つです。建築現場では必ずしも予定通りに作業が進むとは限りません。天候1つで1日の作業が潰れることもあるのです。それでも竣工日は決まっているので、工程を守るために「先を見通す力」「問題への柔軟な対応能力」が求められます。

また、建築現場は大勢の職人さんが危険な仕事をします。元気に挨拶をするだけで、現場の雰囲気は良いですし、声がけ1つで安全管理になります。普段から元気な人が向いているでしょう。仮に建築施工に関する知識が乏しくても、元気がある人は問題を前向きに取り組む人が多い印象です。

施工管理技士になるには派遣会社がおすすめの理由

上記の通り、施工管理技士は簡単になれる仕事ではありません。
ですが、派遣会社に所属することが、より近道となる可能性があります。
その理由について、知っていきましょう。

「派遣は不安定なんじゃないの?」
「派遣は給料が低いんじゃないの?」
「正社員の方が将来も安心なんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

施工管理職は人材不足のため、派遣でも安定して仕事があります。

派遣先が派遣社員にサービス残業やサービス休日出勤をさせたら契約違反になってしまいます。

一社専属の正社員さんだと、どうしてもサービス残業やサービス休日出勤を容認しなければいけないことがあるでしょう。

ですが、派遣社員は派遣先の社員ではなく「派遣元企業から派遣されてきた人」ですから残業代や休日出勤のお給料は必ずもらえます。

自分の施工管理経験を生かせる現場、スキルを伸ばせる現場を選べるので、もっと早く“派遣”という働き方に出会っていればよかったと思っています。

この通り、派遣は正社員よりも自由度が高く働きやすいというメリットがあります。
そのため、施工管理技士になるための経験や知識を学ぶ上でも、意欲的に取り組むことができるでしょう。

施工管理技士の派遣会社なら「夢真ホールディングス」がおすすめ

施工管理技士の派遣会社といわれても、あまりピンとこないかもしれません。
特別こだわりがないのであれば、「夢真ホールディングス」を利用すると良いでしょう。
魅力的な特徴が、複数伴います。

建築・土木業界などで使用されているCADの使い方や測量、図面の読み方などを学ぶことができます

建設現場の管理に必要な知識は、入社時研修をはじめ、定期的なフォロー研修でサポート。その他、福利厚生などのサポート体制も充実しています。

名刺の受け渡しから、パソコンソフトの使い方まで全10種類・70項目の知識を体系的に学び、仕事の基礎をゼロからサポートします。

「夢真ホールディングス」の主なサービス

夢真ホールディングの技術者派遣事業は「施工管理技術者」「CADオペレーター」の2つの職種をサポート。平均年齢28歳、5,000人を超える夢真の技術者がさまざまな現場で活躍しています。

施工図の作図請負を1985年に開始してから30年。これまで数えきれないほどの現場で当社の施工図が活用されてきました。

  • 1
  • 2