離職率が高い保育園、低い保育園の違いは?キッズパートナー平沼橋の口コミ

これから保育園の職場を探しているなら、離職率にこだわってみましょう。どのような保育園で離職率が高くなるのか紹介します。キッズパートナー平沼橋の口コミもまとめてみました。

FC2USER374492SBY さん

16 PV

離職率が高い保育園の特徴

保育士の仕事はとても重労働で大変な仕事で、その割に給料や待遇が悪い園も多い。中には通勤手当や住居手当が出ない園や昇給が見込めない園も沢山あります。

有給休暇も人員不足のため、中々取得することができず無駄に消えてしまったり、病欠で消化していたりと「思っていた待遇と違う!」と感じることが多々あります。

保育士の仕事はもともとが忙しいです。そりゃ繊細な子供という生き物を扱う仕事なので、ストレスもたまりすし保護者の相手や普段の保育日誌やイベントの準備とかでてんてこまいです。

保育士は体力が必要な仕事ですが、その一方で十分な給与が得られないこともあります。
若いときなら多少我慢ができても、年数を重ねていくと不満が出てきやすいのです。

保育士業界では残念ながら、“サービス残業が当たり前”という風土が根強くあります。

保育士の仕事は持ち帰り仕事が多いです。個人的には「持ち帰り仕事」という形態がちょっともうすでにアウトなような気がしますが

全てサービス残業としてまかなうことになっている園が多いようです。保育士を離職した方の中にはこのサービス残業に不満を感じ、「離職を決意した」という声も・・・

保育士の仕事は子どもを見ている時間だけでなく、子どもたちが帰宅した時間帯も働く必要があります。
企業によっては残業手当が一切出ることがなく、自宅に持ち帰る方も少なくありません。

保育園は忙しい職場です。その中で十分に話し合いの時間を持てなかったり、後輩を指導する時についきつい口調になってしまうことで、先輩、後輩、同僚間での関係がぎくしゃくすることも…。

上下関係が厳しいという面もあり、園長や主任との関係が上手くいかない、先輩保育士との関係が上手くいかないという理由から離職する人も多く見られます。

私は現在保育士として私立の保育園に勤務しておりますが、人間関係(特に年配の職員と の関係)が悪いです。 いつも誰かしらの悪口を言っている先輩がいます。

保育士は女性が多い職業のため、人間関係はとても重要でしょう。
上司や先輩方の対応がそのまま影響しやすく、働く環境を重視する方にとって人間関係の悪さは離職する理由になってしまいます。

離職率が低い保育園の特徴

給与が比較的高い、賞与の支給がある、残業代がきちんと支払われるなど、給与体制が整っていることは、人が辞めにくい大きな要因です。

持ち帰り残業を含めて、残業を減らす工夫をしている園は、働き方に不満を抱える保育士も少なくなり、人が長く働く園になっていきます。

離職率も低く、産休復帰率も高い職場です。
スタッフ同士が仲良し!笑顔あふれるとても働きやすい環境です☆

待遇が良い保育園では離職率が低くなっています。
スタッフのことも考えている保育園なら、長く務めることができるでしょう。

こんなちゃんと残業代が出て、福利厚生が手厚い会社は中々ないですよ。

基本的に残業は無く、定時で上がれることがほとんどだった。希望休の制度もあり、土日も休むことができる。

あの大東建託の100%出資の子会社なため、資金調達から全て親会社に任せているため経営は安定しており、潰れることはまずないと思います。

離職率が低いといわれるケアパートナーの口コミをチェックして、働きやすさを考慮してみましょう。
キッズパートナーのように待遇が良い保育園では、離職率が低くなっているようです。

キッズパートナー平沼橋に通う園児の親御さんの口コミ

  • 1
  • 2