会社売却を考えているなら?仲介業者に頼んでみよう

ビジネスをさらに広げていきたいなら、会社売却も考えているのではないでしょうか。しかし、会社を売るといっても、安値では売りたくはないでしょう。そこでおすすめなのが、仲介業者を通して会社売却をする方法です。なぜ仲介業者を通すと良いのか紹介します。

FC2USER374492SBY さん

5 PV

仲介業者に頼みたい理由

経営者は高齢化や人材不足によって、M&Aによる会社売却や事業継承を望んでいます。とはいえ、会社の経営を行いながら譲渡先を探すことは、一筋縄ではいきません。

M&Aをスムーズに行うには、専門の仲介会社を活用することが重要です。これなら忙しい経営者でも、ふさわしい交渉先が見つけられます。

大々的に「譲渡するので誰か買い手企業になってください」とは言えないため、隠れて譲渡先の企業を探さなくてはならず、経営者ひとりではなかなか譲渡先企業を見つけられないのです。

会社を売却したいと考えても、上手く譲渡先を見つけることが難しいため、仲介業者の存在があります。
近年は会社を売却するニーズも増えているため、さまざまな仲介業者が登場しているのです。

仲介業者であれば仲介という立場で何度も経験していますので、実際に事業譲渡を進める上で得た経験やスキルと持っており、それを活かして事業譲渡を進めてくれます

M&Aにはさまざまな形があり、「社名を残したい」「自身も従業員として働きたい」「従業員の雇用を守ってほしい」など、あらかじめ条件を設けて取引を行うことで、理想的な形で事業を存続できる可能性があるからです。

M&Aを上手に行えば、従業員の雇用は守られます。相手企業によっては、現在よりも好待遇で迎えてくれるかもしれません。

仲介業者は会社売却に関するノウハウを持ち合わせているため、会社自体に利益を生む方法だけでなく、従業員のことまで考えた売却ができます。

M&A仲介会社の選び方

マッチング効率を上げるためには、譲渡企業や買収企業の数や情報が多いほど、仕事がし易くなります。またそれが仲裁会社の力量となるわけです。

M&Aの契約金額は、数百万円から数百億円まで、実に幅が広いです。M&A仲介ノウハウは、大企業向けと中小企業向けでは、情報が異なります。中小企業や小企業の経営者は、大企業向けの仲介会社は避けた方がいいでしょう。

取り扱う案件規模により、各社が保有する情報、M&Aアドバイザーに必要とされる能力や営業スタイルも違ったものになり、M&Aの成否に影響いたします。

会社といっても規模はさまざまなため、自分の会社の規模に合った売却実績がある仲介業者を選ばなければなりません。
小規模だけのところもあれば、幅広い分野を取り扱う仲介業者もあります。

少しでも会社を高く売るためには、買手企業の選び方が重要です。

そもそも相手が見つからなければM&Aは成立しませんし、ベストの相手でないと対価やその他の条件面が悪いM&Aにならざるを得ません。したがって、売却希望および買収希望の会社の情報をどれだけ持っているかが極めて重要です。

エリア特化型のM&A仲介会社もありますし、全国対応のM&A仲介会社もあります。

会社売却はマッチングさせなければ意味がないため、どのような買い手企業を取り扱っているかもチェックしておきましょう。

おすすめM&A仲介業者

弊社は着手金や月額報酬をいただくことなく、お相手企業と基本合意にいたるまで無料で支援いたします。 すべてのオーナー経営者様が、M&Aを将来の選択肢の1つとして、納得いくまで無料でじっくり検討することができます。

会社と従業員の未来を考えるすべてのオーナー経営者様に、専任のコンサルタントが寄り添い、提案します。 M&Aを検討するオーナー経営者様のお考えやご意向を受け止め、きちんとお相手に伝えて納得してもらうように努めます。

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&Aアドバイザリーサービスを展開することで業績を伸ばしてきています。日本の高齢化を背景に、事業を次世代に承継する手法としてのM&Aは今後も伸び続けていきそうですね。

事業再生を目的とする会社におすすめの仲介業者です。

アイガテが、企業様のマネジメント・ディレクションレイヤーに参画する、「経営参画型支援」。グループオペレーション企業が、個別オペレーション領域から順次関わる、「実働型支援」。上流・下流両方向からのアプローチを連動させたサービスで短期間での再成長スキームを提供いたします。

アイガテとグループオペレーション企業は、これまでPEにおける事業再成長プロセスの経験において、さまざまなノウハウ・実績を培ってきました。スキームによっては、ファイナンス機能を組み込み資本を投入する支援実績もあります。

  • 1
  • 2