芸能人もみんなやってる?自毛植毛について徹底的にまとめてみた

育毛剤なんて効かねぇ!とブチギレ寸前のそこのあなた、今は自毛植毛の時代なんですって!
日本&韓国の自毛植毛クリニックをまとめてみましたよ。

FC2USER336415TZJ さん

1438 PV

親和クリニック

一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動 移動

修正 | 削除

超極細パンチブレード(内径0.6mm)を用いて自毛植毛の専門ドクター陣が精密な毛髪移植を行うことにより、従来の植毛治療より髪のボリューム感や自然な仕上がりを実現します。

デザイン力は、おでこや生え際のデザイン力だけでは不十分と私たちは考えます。
その方の顔の輪郭やご希望の髪の分け目を、微細に作り上げる技術力が親和クリニックの高密度自毛植毛MIRAI法で実現します。

アイランドタワークリニック

国内で唯一当院だけが提供できる、メスを使わない自毛植毛手法「i-ダイレクト法」は、
高度な先端医療技術のひとつであり、多くの薄毛の方々が抱える悩みの根本解決を
実現しています。
従来の自毛植毛手法「ストリップ法」では、後頭部の頭皮をメスで帯状に切り取って
毛髪を移植するため、強い痛みをともない、大きな傷跡が残ってしまうという欠点がありました。

しかし「i-ダイレクト法」では、経験豊富な医師がひとつのグラフト(=1つの毛穴)から
3〜4本の毛が出ている良質な毛穴だけを目視で選定し、ピンポイントで吸引採取します。
移植時〜移植後のダメージがほとんどなく、また毛髪の生着・生命力が高いのが特徴です。

Moten自毛植毛医院

毛髪を植毛すると正常的な頭皮の密度のような密度と植毛することは技術的に不可能であり、自毛植毛は制限された髪の毛の数を植毛するだけに実際に正常密度のようにはできません。しかし、MotenだけのTHSシステムは毛根群植毛を通じ毛根を患者の頭皮状態にあわせ、集中植毛(Dense Packing)しますので密度面から十分に満足されます。毛髪特性にあわせ一本一本を最適の位置に配置しますので正常密度のように見えられます。

出典 Moten

ある日、日本からモジェリムクリニックに一通のメールが来た。

自分は日本に住んでいる40代の男性と紹介した薄毛の為、日本脱毛WEB検索中韓国代表する植毛専門クリニックモジェリムを知り他と比べながら最終的には安くて確実な効果を得られるモジェリムを

選択し問い合わせすることになった。

何回かメール問い合わせする中で確信になり、モジェリムを訪れる事になった。

本当にモジェリムに来てよかった。俺の選択は正しかったと改めで感じた瞬間でした。

短い日程で韓国モジェリムで植毛手術を受けてその翌日に日本に戻って

仕事する為に何より植毛跡が目立たないのが一番心配だったが手術後鏡を見ると

自分の望み通り出来ててとても嬉しかった。

他国で手術は正直心的に負担だったが、実際に周りの先生、看護婦さんが家族みたいな雰囲気で

優しくしてくれて安心して手術を受けることが出来た。

もし韓国で植毛で迷っている方、或いは日本で高くて諦めて掛けた人は

ぜひぜひ進めたい。低価で日本以上に植毛実績と効果が出るモジェリムを!

紀尾井町クリニック

さまざまな症例に携わってきた経験から、FUEとFUTを併用して組み合わせる「コンビネーション植毛」を考案しました。1回の植毛でできるだけ多く移植しながらも傷痕を小さくできる、イイとこどりの自毛植毛方式です。FUEとFUTの両方で熟練の専門医だからこそ成し得る技です。

アスク井上クリニック

世界での手術シェアは、いまだに頭皮を切り取るストリップテクニックが主流となります。
実際当院でもその一種であるFUSSも行っていますが、やはり多くの患者様の希望は切らない手術となっています。
その理由は、頭皮を切り取るという恐怖感がなく、それにともなう痛みがほとんど無いことでしょう。
さらには、傷跡も点状であり、傷跡のようには見えません。
その切らない手術の進化したものがi-SAFE(Dr.Inoue's Suction Assisted Follicular Extraction)です。

ヨコ美クリニック

スキンヘッドだけでなく、額・頭頂等の生え際の復活にも効果的です。
頭皮に髪を感じさせるため、薄毛部分の頭皮に施せば髪と地肌のコントラストを薄めて薄毛を目立たなくする効果もあり、また植毛との併用も可能です。
男性だけでなく女性にも使えます。
傷跡の修復にも応用できます。

私ははじめてこれを見た時、正直に嘘だと思いました。画像加工ソフトでいじったか、そうでないならよく似た別人の写真を使っているのだと思いました。

なぜそこまで疑い深く感じたかというと、私はかつて、植毛技術が未発達の時代に手術を受けて、満足のいく効果が得られなかったからです。

失敗したというわけではありませんが、上の写真ほどの高密度にはならなかったのです。

私の場合、前頭部に加え、頭頂部とつむじ付近に植毛したのですが、陰毛のように毛が縮れたり切れやすかったりして、そもそも質感が他の頭髪とは全然違いました。

10年以上も前の技術では、生え際の密度がスカスカで、とても前髪をかきあげられるような状態にはならなかったのです。

なんというか、ブラマヨの小杉さんっぽい感じになってしまったと言えばいいのでしょうか。失敗したんじゃない?と言われても否定できません。

そういう過去もあり、さきほどの写真を見たときは目を疑いました。まるで元々そこに自然に生えていたかのように見えます。

韓国で自毛植毛を受ける方が多くなってきているみたいですが、未だに国内クリニックは世界でもトップクラスのレベルにあるようです。

10年以上前だと失敗したかもしれない手術が、今や難なく高密度でできるというのはとても貴重なことなんですよ。

  • 1