老後資金は最低3000万!豊かな暮らしなら7000万が必要!足りない人は投資で増やそう!

近年は少子高齢化となっているため、将来の年金額に不安を抱いている方も少なくないようです。高齢になったときの生活費に不安がある方は、どのくらいの老後資金が必要か知っておくようにしましょう。足りないと感じた方は、投資で増やす考え方も必要です。老後資金の必要額と、投資で増やす対策を紹介します。

FC2USER374492SBY さん

10 PV

初心者におすすめされる投資とは?

株式投資
概要:会社が発行している株に投資し、値動きや配当などで利益を得ること

・自分の知っている身近な企業の株に対して、手軽に投資することができる
・実際に自分が良いと思ったサービスを提供している企業の株を購入することができる

「ミニ株」だと、通常の株式投資の10分の1の金額で購入できます。株を購入するのに通常の株式投資なら50万円の金額が必要な場合でも、ミニ株であればその10分の1、5万円で購入することができるのです。

株式投資を始めたい方は、少額から試してみるようにしましょう。
当然値下がりリスクもあるため、リスク対策も学んでいく必要があります。

利益を上げるためには通貨がいつ安くいつ高いのかという相場の流れを知り、決済のタイミングを知る必要があります。海外情勢に左右されるFXのレートは、チャートを見て過去の値動きの傾向を把握しながら取引をしていくのが一般的です。

10,000通貨単位よりも精神的な負担が少ない「少額(1,000通貨単位)」でリアルトレードを始めることが一番オススメです

世界情勢に強い方はFXにチャレンジするのもよいでしょう。
FXも少額から始めることができるので、自分に向いているか確かめながらすすめることができます。

アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益(売却益)を得ることを言います。

株式やFXなどの金融商品と異なり、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため、近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。

長期で安定した家賃収入を目的とした不動産投資は、若いときから始めることにより少額の資金、場合によっては頭金0円でも35年ローンを組んではじめられます。

株式やFXのように大幅に値が下がるリスクを避けたいなら、安定した運営が可能な不動産投資がおすすめです。
成功するためには多少の知識が必要で、プロに協力してもらいながらチャレンジできます。

老後資金で必要な最低金額とは?

老後に必要とされる貯蓄額は、60歳の時点で3000万円と言われています。しかし3000万円を蓄えて老後生活に突入しても、生活保護とほぼ変わらない水準の暮らしになるのが現実です。

「定年・退職後に必要なおカネはいくらくらいだと思いますか」という問いに対し、男性は5210.6万円、女性は4237.9万円で、全員の平均値は4978.2万円になりました。

私の計算では、定年を迎えるまでに最低でも5000万円は作っておきたいところです。それも1人あたりです。ということは、夫婦だと1億円になります。

老後の資金を用意するなら最低でも3,000万円、余裕がある生活がしたい方はそれにプラスして考えましょう。
今後は物価の上昇も見込まれる可能性があるため、余裕がある資金計画がおすすめです。

老齢厚生年金を貰っている約1,589万人の平均は月に「144,903円」です。

だいたい、14万5千円と思えば良いでしょう。

厚生年金を貰っている世代では、女性が結婚後に離職して専業主婦になった率が高く、男性と女性では、働いていた期間と賃金に差があります。

そのため、厚生年金の金額にも差が出てしまうのです。

男性の平均支給額は「165,668円」、女性の平均支給額は「103,026円」です。

老齢厚生年金の額は、厚生年金の加入期間が1年長くなれば、毎年もらえる年金額が1万~5万円増えることになります。もし30年勤めれば年金額は30万~150万円になります。

女性の場合は結婚や出産などで働く年数が少なくなるため、男性より将来もらう年金額は少なくなることがあります。
夫婦2人分の年金を合わせても、十分な生活費だとはいえないかもしれません。

現在、1500万円(A)の貯金を持っていて、将来、年間180万円(P)の年金を見込む場合、老後に、現役時代の支出の0.7倍(x)で95歳までの30年間(b)の老後を暮らそうとすると、必要貯蓄率は幾らになるだろうか。

  • 1
  • 2