注文住宅の一般的な予算は?業者、工法によっても違う?

やっと我が家を手に入れる時、ご家族もきっと新しい家で暮らせることを夢見ているでしょう。住宅を手に入れる という事は非常に高いお買い物をするという事です。注文住宅を建てるなら予算野事、業者のことなど知識をしっ かり持ち、夢のマイホームづくりを納得できるものとしましょう。

FC2USER078613OTX さん

4 PV

注文住宅にかかる費用から予算を考える

注文住宅にかかる費用はもちろん施主の意向によってそれぞれ違います。 自分が利用できる予算内で理想の住宅を建設するために予算をしっかり考えるべきです。

■注文住宅にかかる本体工事費用

本体工事費はその名の通り、建物そのものにかかるお金のこと。
庭や駐車場などの建物以外にかかる費用は含まれていません。
一般的に広告などで目にする注文住宅の価格や坪単価は、
この本体工事費のことを言っている場合が多いです。

注文住宅の本体工事、これは建物にかかる費用のことで注文住宅の費用の中で大きな費用です。 建物以外の費用は入っていない、それが建物の本体工事費用となります。

■注文住宅にかかる付帯工事費用

フェンスや門扉、アプローチ、庭などの植栽にかかわる外構工事をはじめ、屋外給排水工事、建て替えの際の解体工事費、地盤改良など依頼先が、専門の工事会社に発注する工事にかかる費用のことをいいます。

付帯工事も注文住宅を建設する中で費用が掛かる部分ですが、必要不可欠な工事が含まれているので この費用についても理解が必要です。 付帯工事は基本的に依頼した業者以外の専門工事店が行います。

■注文住宅にかかる費用

「諸費用」には、住宅の購入や建築の際に必要な税金や各種の手数料が含まれます。また工事費や引越しの費用、さらに家財の購入代、近所の挨拶回りなども加えると、「諸費用」は購入価格の10%程度が目安です。

建築は大きな費用が掛かるので諸費用といっても大きな費用です。 諸費用て雑費用みたいなものでしょ?と思っているのはまちがいで、通常、住宅購入費用の1割くら いといわれています。

住まいの種類、業者による注文住宅予算の比較

注文住宅も建売も、勿論購入費用がかかります。 高い費用を払って建てる家ですから、業者選びは重要です。 納得できる施工となるように信頼できる業者に依頼しましょう。

■住まい選び3つの選択肢別比較

マイホームは人生で一度しかない一番大きなお買い物。妥協なんてしたくない、本音をいえば、何一つゆずれるものなんてない。そんなあなたのために、住まい選びの3つの選択肢別に、どれくらいの予算で、どれくらいの家が建つのかをシミュレーションしました。

住まい選びに具体例を出して説明してくれているとどのような住宅にすればいいか、予算を立てやす くなります。 住まいをどう作るのか、例を挙げて説明してくれていると比較検討しやすくなるのです。

■注文住宅と建売住宅の予算を比較

一方の注文住宅は仕様をこだわりだすとキリがないが、施工会社などに予算を前もって伝えておけばその範囲内で調整してもらうことも可能だ。

■業者によっても注文住宅の予算は違う

注文住宅の建築予算を考える時、依頼する住宅会社の業種・業態・規模によって、あなたの用意したお金の使われ方が違ってきます。しかしほとんどの方が相手を知らないまま「相性」や「印象」で選んでいます。

注文住宅を売りにしている業者も、それぞれ独自の建物スタイルがあり得意な工法があります。 そのため、同じ規模の建物を建てるにしても業者によって金額がかなり違ってくるのです。

注文住宅を予算内に収めるには?

住宅を購入する時、予算内で納めることはとても難しい事です。 しかし予算により近い注文住宅にするために出来ることがあります。

設計からやり直す手間暇を考慮すると、設備や仕上材などを再検討したほうが合理的ではないでしょうか。最新設備などの導入を諦めることは残念ですが、住宅内での過ごしやすさを優先するほうが大事かもしれませんね。

■外構工事費用を見直す

フェンスを安いものにしたり、カーポートを無くしたりすると予算を削れます。どうしても必ず必要なもの以外の費用を削減すれば、満足度はそのままで予算オーバーを防げるのです。

  • 1
  • 2