【大阪リノベ実例集】リノベーションに役立つ実例をテイスト別にご紹介

リノベーションの魅力は、好きなデザインで自分だけの住まいを作ることです。スムーズなリノベーションのためには、自身のイメージを担当者に具体的に伝える必用があります。そのときに役立つのは、理想の住まいに近い「住まいの写真」です。今回はテイスト別に実例集を集めました。理想に近い住まいがあれば、ぜひリノベーション会社へ相談の際、担当者へ見せましょう。

hurannshushu さん

10 PV

【大阪】スタイル別リノベーション実例集

リノベーションの醍醐味は、なんといっても既存の常識やスタイルに縛られない、自分だけのデザインで空間づくりを楽しめるところにあります。

最もポピュラーなスタイルです。白やベージュ、アイボリーを基本とした内装に、木や木目を取り入れることによってぬくもりを感じられる空間づくりができます。

シンプルだからこそ、幅広いライフスタイル、年齢層の方にマッチするインテリアデザインです。

キッチン背面にあるカップボードは造作。棚板はお施主様自らがご用意し、お家全体のナチュラルな空間にピッタリとはまりました。

建具はなめらかな質感が特徴のシナベニヤを採用し、木目調の暖かで上品な雰囲気を醸し出しています。

床はウッドワンの防音フローリングなので、成長期のお子様が元気よく走りまわっても安心。また各部屋と続く扉は引き戸に変更し、スムーズな生活動線を確保しました。

子供部屋と独立型のキッチンをリビングスペースに取り込みました。

キッチンを対面型に配置、壁の断熱工事、インナーサッシを取付けて快適に過ごせる広々としたリビングになりました。

和室の床に畳下収納、横にウォークインクローゼット。洋室2部屋から使えるウォークスルークローゼットも新設して、ご家族それぞれの収納スペースが出来ました。

室内の照明やカーテンもお好みのものに替えられて、ナチュラルテイストな空間になりました。

ヴィンテージ

ヴィンテージとは「古くて価値が高いもの」の意味。年月を経過したことによって出る味わい深さを楽しめるスタイルです。「60年代のアメリカ風」など、ある時代をテーマにして、それに沿ったデザインづくりをしていきます。

テーブルの代わりに本格的なバーカウンターを作りました。

家主様が料理好きということもあり、友人を招き料理を振る舞いながらお酒を楽しんでいます。バーの雰囲気を出すのはやはり照明がポイントです。

レトロな雰囲気のオレンジ色の照明がよりお酒を美味しく感じさせます。好みの高さに調整できる、疲れにくい体にフィットする椅子は長時間座っていても疲れません。

誰もが憧れる自宅にバーカウンターを実現し、お部屋のコンセプトともマッチした存在感を持つアイテムは大きな魅力です。

インテリアにこだわりのあるY様。

元々お持ちになっていた家具たちに合う空間をご提案させていただきました。

元は和室だったスペースを取り込み、広々としたリビングダイニングに。リビングが見渡せるようキッチンの向きを変え、料理をしながらご家族の様子が見られるようになりました。

キッチンはシンプルな中にもカッコよさが際立つステンレスを採用し、腰壁はモールテックス仕上げ。

洗面にも同素材を使用して、お部屋全体に統一感を持たせています。

床は裸足が心地よい無垢フローリング。リビングからバルコニーへと続くフロアタイルはグリーンなども飾れるインナーテラスになりました。

インテリアに強いこだわりをもつスウェーデンやフィンランドといった北欧諸国のスタイルを取り入れたデザインです。

茶色や白、ベージュなど、ナチュラル系の色を基調とした内装に、木のぬくもりを感じさせる家具を使って、温かみがある空間をつくります。

海外のキッチンに憧れておられ、念願が叶った家になりました。キッチンのタイル貼りはお客様もデザイナー内藤も自慢の仕上がり。

淡いブルーの建具やキッチンの扉がアクセントになってお部屋の雰囲気を上品なものにしています。

ブルーのタイルが貼られたキッチンが印象的。

ナチュラルな印象を与える無垢フローリング。キッチンの無垢カウンターともマッチしさわやかな空間になりました。大きな回転窓の向こうは寝室。明るい光と心地よい風をたっぷりと通します。

ガラスは上下デザインを変えてアクセントかつ目隠しに。黒く塗装した窓枠は空間を引き締める役割も果たします。イマドキ&ナチュラルなさわやかな空間になりました。

レトロスタイルの魅力は、昭和を思わせるノスタルジックな雰囲気です。

多少老朽化が進んでいる物件であっても、その風味を活かせるのがレトロスタイルのメリット。住まいを落ち着ける空間にリノベーションしたいと考えている人は要チェックです。

引用:https://www.sunreform.jp/full_reforms/159?categoryIds[]=11

木目が映える、ナチュラルでやさしいリビングダイニング。キッチンにはブルーのタイルをあしらって、レトロ感をプラスしました。

程よい固さと、きれいな木目がお気に入りの床は、フロアタイルを採用。ゴールドのスイッチとリビングの建具は、ご施主様自らが探してご支給していただいた物。お家のやわらかなテイストにピッタリ。

どこか懐かしさを感じる、レトロな空間に仕上がりました。

全面的なリフォームを考えられていたO様。

こだわりの家具や、食器などをお持ちで、それを生かしたインテリアを求めておられました。

内装は、レトロすぎないレトロ感もある、シンプルなものをご希望。後々インテリアなど楽しみながら少しずつ自分たちの家にしていけたら、ということで始まった今回のリフォーム。

3LDKを2LDKにしてお部屋の一つをWICと玄関土間に。リビング空間を広く取りたい、というのも、2LDKにした目的の一つです。大きくスペースを取った土間にはご夫婦の趣味である自転車も飾っています。

リビングにはグリーンが映えるインナーテラスも設置して、すっきりと開放的な空間に仕上がりました。

引用:https://www.sunreform.jp/full_reforms/156?categoryIds[]=8

コンクリート剥き出しの天井も白の塗装でシンプルに。むき出した天井高さで、かなりの大空間になりました。

キッチン・洗面台・建具は、ご自身で手配されました。

内装材の色選びも、こだわり、ご家族で相談されながら、全てご自身たちで選ばれました。シンプルで、ブルーのソファーが引き立つLDKになっています。

  • 1
  • 2