知ってる人は知ってる!?実は儲かる太陽光発電投資

初期費用は必要なものの、儲かるといわれている太陽光発電投資は今も人気の投資の一つです。今回は、そんな太陽光発電投資について、メリット・デメリットや評判の良い業者について紹介していきます。

FC2USER857731YAL さん

3 PV

太陽光発電投資って?

太陽光発電投資とは、住宅の屋根などに取り付ける太陽光発電設備も含めて、太陽光発電の電気を電力会社へ売却して利益を得ることを指します。

・電力の価格は固定価格買取制度で定められている

太陽光で発電した電気の売却価格は、「固定価格買取制度」によって国が定めた一定の価格で産業用太陽光発電であれば20年間、買い取ってもらえるため、相場の影響を受けることなく安定して利益を得ることができます。

固定価格買取制度とは、2012年に施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき太陽光などの再生可能エネルギーによって発電した電気を電力会社が一定価格で買い取ることを義務づける制度です。

太陽光発電投資のメリット

・売電価格が決まっているため、安定した収入が得られる

太陽光発電投資の最大のメリットのひとつである、一定の売電価格。それを保証するFIT制度は国が定めたルールであり、極論すれば国が期間中の収益を保証してくれているということです。

例えば大まかな考え方ですが、2000万円の融資を受けて土地付き太陽光発電を始めた場合、利回り10%であれば10年で売電金額をもとに2000万円が回収できます。ということは残りの期間10年でさらに2000万円の収入があることからかなりの高利回りの商品になるのです。

電力会社の固定買取制度は20年で終了ですが、すでに元をとって収入まであるのですから、20年以降に売電金額が下がったとしても利回りは高いといえるでしょう。

・節税効果がある

太陽光発電は節税制度が利用できる場合があります。

平成31年3月31日までは「中小企業等経営強化法」を利用して「償却資産税が取得から三年間2分の1に軽減」される特例が適用されます。

また、節税の恩恵を受けるには青色申告をしている法人や個人が対象となります。

太陽光発電投資のデメリット

・初期費用がかかる

太陽光発電投資とは、文字通り太陽光発電設備を導入し発電によって得た電気を電力会社に売却して、利益を得ることを意味しています。更に、太陽光発電設備を設置するための土地や建物が必要となります。

・太陽光パネルによっては発電効率が悪くなる

太陽光パネルに実装されている太陽電池の材料は様々ですし、メーカーによって発電効率が違います。

また売電価格が下がっている現状を考えた場合、発電効率の高い太陽光パネルで収入をカバーすることで儲かります。

最近では、20%を超える発電効率を持った優れた太陽光パネルが、各社から販売されているので、見積もり会社やメーカーサイトを利用して比較・検討するのがおすすめです。

太陽光発電投資のおすすめ業者

300件以上に及ぶ太陽光発電の施工実績を持つQvou。土地付き発電設備、メンテナンス、保険保証、修繕などがワンパッケージになった独自プランで初期投資額が抑えられるので、高い収益が期待できます。

太陽光発電専門の工事会社であるエコの輪。専門業者だからこそのお手頃価格で太陽光発電を提供しています。エコの輪では1年間の短期で投資できる「太陽光発電ファンド」も用意。10万円から太陽光発電投資が始められます

■ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズはNHKなど各メディアで紹介されるほど有名な業者です。

費用の回収年数や収支内訳など、太陽光発電に関する様々なノウハウを学びながら見積りを行うことができます。

無料見積り依頼を承っています。

  • 1
  • 2