星の数ほどある富山の工務店、どうやって絞るのか

家を建てるためには工務店やハウスメーカーの力を借りる必要がありますが、選びかたがわからない人には混乱しきりでしょう。
そんな人たちでもどうすればいいのかを判断する知識があれば、動きやすくなります。
今回はその知識を提供いたします。

FC2USER409500ZIT さん

3 PV

工務店選びの重要なポイント

工務店選びにはいくつものポイントがありますので、その中でもとびきり忘れてはいけない最重要ポイントを紹介します。

■今の時代はネットありき

webサイトがある
サイトのない会社は候補から外す。自社の情報を伝える意志がないと判断。
家づくりのこだわりが感じられる
これだけは家づくりに欠かせない、というものがあるか。
施工事例のテイストが統一されている
家づくりへの考え方が一貫していて、経験も積み重なっている。

ネットの情報をうのみにするのも問題ですが、そもそもホームページすら用意できていないところは、施工事例なども簡単にみられないです。
これは伝える気がないという怠慢とも受け止められるので、避けたほうがいいでしょう。

■メンテナンスのことも考えて近くにあるか

建設地を中心に半径50km以内もしくは車で1時間程度にある
地元で実績がある会社は、土地の風土や環境にあった家づくりをしている。建てた後のメンテナンスにもすぐに駆けつけてもらえる。

家は建てて終わりではありません。
建築後でも確実にトラブルは発生するので、その時に近くにいないと対応しにくいのです。

■回転効率がいいか

工務店が新築以外の仕事を扱う理由の大半は、その工務店が新築だけでやっていける能力がないことです。
新築だけでは仕事が成り立たないため、仕方なく、つなぎとして兼業をしているのです。

工務店の状況を簡易的に把握するためには、新築のみで回っているのかどうかを把握することが重要です。

富山県ではどのような工務店がいいのか

注意点を確認したところで、どのような工務店がいいのかを見てみましょう。
一ヶ所だけではなく、複数の候補を見て納得敵ることが大切です。

■ユニテ(マグハウス)

●前身のリフォーム会社時代から富山に根ざして事業を展開
●地域密着かつリフォームを得意とする出自により、トラブルや不具合、要望などに対して迅速に対応
●施主の方を招いた親睦会の開催などにも注力

施工主の声もプラスのものが圧倒的に多く、地域密着型工務店の典型的なメーカーの一つなので候補に入れるべきです。

■頼成工務店

頼成工務店は、いち早く県産材を使い、気候風土に適した家づくりに取り組んできましたが、お客様のそんな想いをお聞きするうちに「もっと富山の日々の暮らしに寄り添いたい」と思うようになりました。

“富山と暮らす”―― それが、頼成工務店の家づくりのテーマです。

地域密着型で富山県を代表とする工務店です。
とにかく自然木の使用を徹底しているので、材料にもこだわりがある人に大好評です。

■石友ホーム

問題は、この関西の住文化が日本家屋の基準となり、大手プレハブメーカーにより全国一律に同じ構造の家が普及してしまったこと。
これらの家は必ずしも北陸の気候に合った住まいとは言えません。
夏は高い湿度、冬には重い雪の積雪といった北陸の気候に合った住まいが必要だと考えています。

その地域に合った特徴を理解している工務店で、富山だからこそ何が必要なのかが良くわかっております。

工務店選びで失敗するとどうなるのか

工務店選びに失敗してしまうといったいどうなるのかを具体例を交えて紹介します。

■早すぎる契約はNG

もちろん、家を建てる会社の事をよく知った上で納得して契約するのは何の問題もありません。
危ないのは、何となく勢いや流れで契約をしてしまうケースです。
契約内容がよく分からないのに契約してしまって、あとで後悔してしまうんですね。

必ず比較対象を用意して、どの工務店がいいのかをこちらが選ぶ状況にしないといけません。
なんとなく勢い任せで選ぶのは絶対にNGです。

■アフターサービスもしっかりと考える

  • 1
  • 2
PR