会社の経営が…会社売却するなら仲介に頼ろう!

会社の経営をしていて将来性が見えなくなってきたら、思い切って売却するのも一つの方法です。スムーズかつ有利に会社売却するためにも、仲介に頼ることをおすすめします。ここでは、会社売却の基本的な情報や仲介業者の選び方についてご紹介します。

FC2USER242104NKF さん

1 PV

会社経営をして行き詰まって、さまざまなアプローチを試みても将来性が危ぶまれると会社売却という選択肢をとることもちらつきます。会社売却には専門知識が必要なケースもあるので仲介業者を利用することが大切です。

最初に会社売却とは何かを学んでおきましょう。

■会社売却とは

そもそも会社売却とはどういったビジネス行為なのでしょう。

「会社を売るということ」については、従業員、自身を含む役員、組織体制、取引先、財務など、あらゆる側面から語ることができますが、「会社を売る」ということを、敢えて最も単純に言えば、会社の所有権を他社(他者)に譲って、その対価を得るということです。

会社を売るということ自体はとてもシンプルなことです。

たとえ時間はかかっても、その人達にも納得してもらえる形でなければ、多くの場合、精神的なしこりが残る形となります。

つまり、単に高く売れれば成功かと言えば、多くの場合、そうとも言いきれないのが売り手側から見たM&Aの特徴です。

物理的に売却するのでは済まないのが会社売却の難しいところです。精神的なものも含めてフォローする必要があります。

■M&A仲介業者の選び方

ここからは仲介を依頼する業者選びで大切なポイントや知っておきたい知識をご紹介します。

M&A行う際、最も困難なことのうちの一つが「買い手・売り手を探すこと」です。しかし、多くの企業がM&A仲介業者を利用しているため、仲介業者は多数の買い手情報/売り手情報を持っています。そのため、自分の企業を売却しようとしたときに、その条件に最も合う買い手候補をマッチングさせてくれるので、取引先が非常に見つけやすくなっています。

M&A仲介業者は売り手候補と買い手候補をマッチングさせることだけが役割ではありません。マッチング前の企業評価、ノンネームの作成、合意の締結から最終契約の締結まで、すべての段階でサポートをしてくれる企業が多いです。さらに、M&Aに必要な知識を持ち経験も豊富な方が担当するので、万が一のトラブルにも適切に対応できます。

■おすすめの仲介業者

ここからは、優良な会社を特徴と合わせていくつかご提案します。

契約したその日から条件に当てはまる企業へ直接のアプローチが可能。

ユーザーの意見を反映し、実用的な機能を搭載した独自性の高いプラットフォームを創出すべく、テクノロジーチームを完全内製化。

幅広い領域で経験を有する多数の M&A プロフェッショナルが在籍し、譲渡企業と譲受企業の双方にとってシナジーのある理想的な成果に繋がるまでワンストップでサポートを行い、関わる全ての方が幸せになれる M&A の実現を目指しています。

有機的な社内構築ができているので、安心して仲介を任せられそうですね。

日本M&Aセンター

東京のほか、大阪、名古屋、札幌に支社を構え、150名を越えるスタッフが常駐し、全国の中堅・中小企業のM&Aを支援。専門のコンサルタントによる豊富な情報ネットワークと、信頼性の高い支援体制に定評があります。東証一部上場企業。

広いネットワークが強みの仲介業者です。東証一部上場なので企業ブランドもバッチリですね。

■仲介業者をしっかり見極め、会社の売却をしよう!

さまざまな仲介業者があるなか、目指している会社売却に沿ったサポートをしてくれる会社を探しすことが成功への近道です。

交渉相手もまた企業の経営者、もしくは相手と契約している弁護士などですので、事業譲渡に関する交渉を有利に進めていくのは、いくら経営者の方でも難しいのではないでしょうか。

場合によってはこちらが不利になってしまうかもしれません。

しかし事業譲渡に関する交渉ごとに慣れている仲介業者と契約することで、相手企業と互角、もしくは有利な立場で交渉に臨みやすくなるでしょう。

交渉力がある仲介業者なら有利に売却を進めてもらえそうですね。

  • 1
  • 2