狭い土地の活用法【カーシェアリング】

FC2USER007371TDP さん

8 PV

カーシェアリングの需要

カーシェアリングとは、スマートフォンやPCなどから24時間365日クルマを予約でき、ICカードなどでクルマのドアロックを解錠して即座に利用できる仕組みです。

カーシェア事業者は、車両の貸出にITを活用することで、管理コストの低減をユーザに還元することができます。

またクルマの利用頻度がさほど高くないユーザにとっては、マイカー保有で車両維持費や駐車場代を負担するよりもコストメリットがあり、また「誰にも会わずに24時間365日クルマに乗り出せる」として、近年人気を集めています。

普段あまり車を使う事が無くても、維持費はけっこうかさむもの。駐車スペースの確保も都心部だと難しいことも多いでしょう。

保険料や、自動車税、車検などの負担がなく、必要な時だけ車を使える「カーシェアリング」の需要はこれからも高まっていくと考えられます。

カーシェアリング会社は土地が不足している

住宅街などはステーションが配置しづらい場所となっているため、今一つ住宅街におけるステーション拡充は進んでいません。

そうした業者に対して「住宅街の土地が余っているので使いませんか」というオファーがあれば、それはもう飛びつかざるを得ない話です。

カーシェアリングの需要は高まっているのですが、需要が高い住宅街では土地が不足しているため、なかなか伸び悩んでいるのが実情。

コインパーキングと違って、2~3台の駐車スペースが確保できれば収益が見込めるのが、カーシェアリングの魅力です。

管理まで依頼するのがベター

個人間でやり取りするのは、トラブル対処が大変。管理も含めて依頼するのが良いでしょう。

1.料金回収は意外と大変

お金が動くところではトラブルはつきもの。
中には、料金を払わなかったり、いちゃもんをつけて値切ってくる人もいるので、一人でそういった人とやり取りするのはしんどいですよね。

駐車場経営会社にお願いしておけば、こういったトラブルに巻き込まれることもありません。

2.掃除や点検など整備が楽

きれいにしたり、設備に不備がないかなどチェックするのも、自分でやるのはなかなか骨の折れる作業です。

3.事故やトラブルに巻き込まれた時の対処が大変

車のキズに関するトラブル
車に限らず、物の貸し借りに「傷」のトラブルはよくあることです。レンタカーの場合は、運営会社でしっかりとしたマニュアルがあるため、問題が起こることはほぼありませんが、個人間でのカーシェアリングでは事前チェックを行ってもトラブルが起こってしまいます。

トラブルの中でも一番大変ですよね。単独事故なら利用者との話し合いだけで済みますが、相手がいると余計に大変です。

警察への対応や、保険会社への対応など自分でこなすにはかなりハードルが高く思えます。

車体の傷だけでなく、車内の傷や汚れといったトラブルもあります。ペットや小さい子供だととおもらしなどでにおいが残ってしまう場合も。、

カーシェアリングを行っている会社

タイムズカープラス

カーシェアを設置しませんか? | カーシェアリングのタイムズカープラス

有名ですね。全国展開している最大手。よく見かけます。

  • 1
  • 2