インドア派必見!快適TVライフで生活を豊かにするコツまとめ

自宅でテレビ番組を、思う存分楽しむための情報をまとめました。

FC2USER746953FFV さん

6 PV

テレビとソファーの配置から考える

ソファを設置する際に、テレビと向かい合わせに置くことが多いと思います。テレビを見る時の最適な視聴距離は【画面の高さ×3倍】と言われています。

TV番組に夢中になりたいからといって、あまりに近いところで観ると目が疲れて逆効果。
最適な配置にすると、快適なTVライフが楽しめます。

テレビの種類や画質の話

フルHD(フルハイビジョン)は、元の画像・映像が1920×1080という画素数でも余すところ無く表示・再生できる仕様のことを指します。

画素数を表す名称。ハイビジョンHDより画素数が大きいのでハッキリした映像を楽しめるところがポイント。

4Kや8Kってどうなの

4Kは現行ハイビジョン(2K)の4倍の画素数、8Kは16倍の画素数を実現。高精細で臨場感のある映像を体感できます。「広色域化」「高速表示」「多階調表現」「輝度の向上」といった特徴により、従来では実現できなかった色彩豊かでなめらかな表現が可能になります。

今までに実現できなかった色彩。TVライフがさらにレベルアップできます。臨場感を自宅で体験できるなんで素敵。

4Kや8Kにはアンテナが必要?

テレビの購入費用と合わせてアンテナを選びも重要。快適なTVライフ実現のため、難しそうならアンテナ工事会社も視野にいれたいところ。

4Kや8Kの違いとは

4Kと8Kの違いは、解像度や画素数だけではなく、その色の鮮やかさや臨場感が異なることでも知られています。

8K撮影されたデモ映像が特別に高画質ということもあるが、LC-70X500によるその再現性を言葉で表現するなら“空気の存在”が感じられ、映像に自然な奥行がともなってくるのだ。

インドア派にとって自宅で臨場感を味わいたい‼外に出かけなくてもお家で空気感を体感できるのは最高ですね。

有機ELテレビってなんだろう

有機ELテレビは、液晶テレビに必要なバックライト、プラズマテレビの特徴である放電スペースが不要で、非常に薄く作ることができます。

液晶と比べて最高輝度が低いため、直射日光が当たると見えづらくなります。~

光に当たると見えにくい。テレビの薄さを活用して窓際のコーナーではなくリビングの真ん中に設置すれば問題なさそう。

お風呂でもテレビが観たい

ナソニックのポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」の魅力

チューナー部とバッテリー内蔵の防水モニター部が分離式になっており、モニターだけを持ち歩いて、寝室やキッチン、トイレ、風呂など自由な場所で地デジや録画番組、ブルーレイの映像を楽しめる。

  • 1
  • 2