ねずみ駆除を行なった人の事例まとめ

このページでは、実際にねずみ駆除を行なった方の事例についてまとめています。

FC2USER306300FEU さん

47 PV

ねずみ駆除を業者にお願いした方の事例

1日で親ねずみ8匹、子ねずみ150匹、合計158匹を捕獲。 初回、2回目の施工で捕獲容易な若いネズミの駆除は完了、この3回目の施工では巣の撤去を慣行。産まれて数日の子ネズミ100数匹を捕獲しました。餌の効果も出始めており通常駆除の困難な親ネズミの捕獲にも成功。

当日の敷設及び仕掛けておいた粘着シートにて数匹捕獲したそうです。

銀座の飲食店

銀座にある飲食店へ、ネズミの新規作業にお伺い致しました。
こちらの店舗は、日中夜間問わずネズミが走り回っている店舗でした。

確認をしたところ、厨房内の壁面が劣化しており、破損をしておりました。
そこがネズミの侵入箇所となっており、発生原因となっておりました。

鉄板やパンチングボードを使用し壁面の修復を行なったそうです。

埼玉県川口市の一般住宅施工

調査の際に、天井裏にねずみの歩いたあとや、糞などのいくつかの痕跡を見つけることが出来ました。
また、お客様が異音を意識されたのも数日前との事、ねずみの痕跡や、日中は異音はしたことがない等、お客様からの聞き取りにより、今回のケースでは少数(1、2匹)のねずみが、夜間にどこからか侵入してきていると過程をたてて駆除施工をさせていただきました。

屋内でのネズミの巣や糞の量、聞き取りによる行動範囲のしぼりこんで施工を実施したそうです。

特に追い出すだけではだめで、侵入してくるルートを特定して塞がなければダメということを聞き、目からウロコという感じでした。

おかげさまで、追い出しと防鼠工事後は、足音もしなくなり糞や食物の齧られも見かけなくなりました。

やはり素人が自分でどうこうしようとしても、時間とお金のムダということを、身を持って知りました。

自分でやるより業者に頼んだほうが効率がいいですね。

ねずみの駆除方法

人の生活区域においてネズミの数が著しく多い場合、一気にその数を減らすために粘着シートを用います。

ねずみの侵入ルートを調べる際にも使います。

捕獲してねずみ駆除

ねずみを捕獲して退治します。捕獲には、粘着式ねずみ捕り(とりもちが付いたネズミ捕り)や、ねずみ捕り用のカゴ、圧殺式捕鼠器などが用いられます。

捕獲したネズミは衛生的に回収・処理することが可能です。

毒を用いるのも、古典的なねずみ駆除の方法です。かつては薬品を穀物などに混ぜて仕掛けるという手法がとられていましたが、最近はそのまま置いておいて、ねずみ食べさせることのできるものが市販されています。

  • 1
  • 2