保育園について知っておきたいこと

保育園とひとことに言っても、さまざまな種類があります。それぞれ特徴があるので、確認していきましょう。

FC2USER746953FFV さん

5 PV

「認可保育園」は、国が定めるさまざまな基準をクリアし、行政によって認可されて運営している保育園を指します。

国から補助金が出ているため、保育料もお手頃です。

また、保育園へ直接申し込みではなく、行政へ申請しなければならない点が特徴です。

認定こども園

教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。以下の機能を備え、認定基準を満たす施設は、都道府県等から認定を受けることが出来ます。

保育園としての活用・幼稚園としての活用、就学前の教育を行なってくれるのが特徴です。

あまり知られてない面もあるので、動画でチェックしてみましょう。

認可外保育園

認可外保育園は無認可保育園とも呼ばれ、国が定める基準を満たしていない児童福祉施設のことを指します。

国の認可を受けていないものの、特に経営や保育内容に問題がある訳ではありません。独自の保育を行なう保育園も多いので、チェックしてみておくと良いでしょう。

ただし、サービスによって保育料が高くなるので、その点でも注意です。

市長が認可した保育施設(認可保育所)以外の保育施設を、総称して認可外保育施設と呼びます。認可保育所と同じく通常の保育を行う施設、一時預かりを主とする施設、企業や病院などの従業員のみを対象とした保育施設など、認可外保育施設にはさまざまな形態があります。

補助が出る認可外保育園も存在しますので、お住まいの地域の情報を確認しましょう。

動画でメリットも確認しておくのも良いでしょう。

企業主導型保育園

企業主導型保育園は、会社が開園・運営する保育園です。

社員のニーズに合わせて保育所を設置できるのが特徴で、認可外保育施設になるものの国から運営費や整備費に対して助成金を受けられます。

福利厚生の一環としても人気があります。

社員のワークライフバランスを考えて行われることが多いですね。

一例として動画をチェックしてみましょう。

ベビーホテル

認可外保育施設のうち,(1) 午後8時以降の保育を行なう,(2) 宿泊を伴う保育を行なう,(3) 一時預かりの子供が利用児童の半数以上,のいずれかの条件を常時満たす施設。

  • 1
  • 2