ねずみの特徴や種類についてまとめ

家の中のコンセントをかじって迷惑をかけるねずみを撃退する方法をまとめました。

FC2USER306300FEU さん

6 PV

ねずみとは?

ネズミの名前は、ネズミのほとんどが夜行性で、人間が寝ている間に食料を食べることから寝盗み(寝ている間に食料を盗む)が転じてネズミという名前になったと言われています。

ねずみは世界中のあらゆる場所に生息しています。

ねずみの特徴

ねずみは通い慣れた道しか通らない

ネズミは殆どが夜行性で、日没から数時間後と明け方に特に活動が見られます。また、ネズミは警戒心がとても強く、壁際や物陰など人目につかない何度も往来している安心の出来るルートしか通らないといわれています。

ただし、人間が安全だと認識をすると稀に人前に出てくる事もあります。

1年を通して繁殖し、増えるスピードが速い

ねずみの繁殖能力が高いことはよく知られています。いわゆる「ねずみ算」という言葉の語源になったように、多産で成長が速く、繁殖期も1年を通じてあるため、非常なスピードで数が増えていきます。

ねずみの繁殖能力が高い生き物なんですね。

ねずみの種類

ドブネズミは、獰猛で、何でも食べますが特に肉や魚を食べます。泳ぎは得意ですが、綱渡りなどは苦手です。体長は22~26cm前後で、体重は200~400g前後です。

耳が小さく腹部は灰色の毛色をしています。

クマネズミは、警戒心が強く、何でも食べますが特に雑穀をよく食べます。ドブネズミと違って、泳ぎは苦手ですが綱渡りは得意です。体長は17~26cmで、体重は100~200g前後です。

耳が大きくてしっぽが長いです。

元々、医療に関する実験動物として知られていたスナネズミ(ジャービル)ですが、近年はペットとして飼われるようになってきました。

スナネズミは昼行性というねずみの中では非常に珍しい品種です。

東京でおすすめのねずみ駆除業者はミヤザキ

  • 1
  • 2