リスクを最小限に抑えて不動産投資を始める方法

不動産投資を始めようかなと思っているけれど、リスクが怖くて始められないという方もいらっしゃることでしょう。リスクを最小限に抑えながら、不動産投資が始められる方法があればいいですよね。そんな方法を紹介していきます。

FC2USER732770VDR さん

4 PV

不動産投資におけるリスクを知っておくべき

不動産投資には、必ずといっていいほどリスクが存在します。
では、そのリスクには、どのようなものがあるのでしょうか。

不動産投資では、多くの場合、ローンを組んで物件を購入することになります。その際に、変動金利でローンを借りていると金利が上昇した際に返済額が増えるというリスクがあります。

投資マンションやアパートの運用を行う際は、その部屋を借りてもらえなければ収入はありません。収入がなければ支払いのみとなり、支払うお金が無くなれば売却しなくてはいけなくなります。

新築で購入したとしても、早くて数年後には修繕費用が掛かってきますし、中古の場合だとすぐに修繕箇所が見つかるケースもあります。その際に費用負担をするのは当然あなたです。

投資目的で不動産を購入しても、入居者がいなかったり、家賃を支払ってもらえないというリスクが発生する心配をしなくてはいけません。
他にも、震災や災害で建物が倒壊してしまうケースもあります。

不動産投資は賃貸事業ということで費用計上もできますが、節税対策で色々な経費を計上している場合、税務調査の際に経費として認められずに追徴課税が発生するリスクもあります。

不動産投資を行うメリット・デメリット

不動産投資を行うのにさいして、デメリットとデメリットが存在します。
不動産投資を始める前に、知識として知っておきましょうね。

不動産投資って本当に大丈夫?リスクが気になって踏み出せない…という人は、メリットにも目を向けてみましょう。年金や生命保険代わりになって、節税効果も高い、さらにインフレ対策にもなる…。メリットは決して少なくありません。

部屋を借りるときは通常は1年、2年といった年単位で借りることが多いので、長期的に収入が得られます。また、賃料は大きく下がることは少ないので、賃料収入は比較的安定した収入になることが多いです。

不動産投資で得た収入から、建物の減価償却費やローン金利、さらに固定資産税、都市計画税などの必要経費が差し引かれるので、所得税等の節税効果があります。

不動産投資で不動産を所有していると、公的な年金を補助する私的年金の代わりにもなりますし、死亡保険をかける代わりにもなります。

不動産は常に値動きをしていますので、割高な時期に購入してしまうと安くなった時に「安くなるまで待てばよかった」と後悔してしまうということもおこりがちです。

不動産投資は、他の投資商品と比べると手続きに手間がかかります。たとえば、株式の売買を例に取ると、口座開設後はすぐに買ってすぐに売ることができ、どれだけ売買をしても特定口座の中で自動的に税金計算までしてくれるため、手続きはほとんど必要ありません。

信頼できる不動産投資サポート会社の選び方!

不動産投資を始めるためには、しっかりとしたサポート会社を選ぶことが大事です。
では、どんな点に気をつければよいのでしょうか。

不動産投資のリスク回避のために重要なのは、保証が充実しているサポート会社を選ぶことです。なかでも重視すべき保証が、空室保証(空き室の家賃を一定額保証)、滞納保証(滞納された際の家賃を保証)、設備保証(経年劣化による設備故障の修理費用を保証)。

購入時のパートナーとして良いのは、エリア内の優良な物件情報を多数持ち、市場の動向について熟知している会社でしょう。また投資先物件の購入時だけでなく、その先の管理や入居者の募集もおこなっている会社なら、将来的にも安心です。

有利な投資を行うために首都圏の情報は欠かせません。不動産業者にはそれぞれ得意とするエリアがあるものです。業者選びの際には、ぜひ首都圏の優良収益情報を豊富に取りそろえた会社を選択してください。

信頼のおける不動産投資会社は、それだけ実績があり、評判も良いものです。
最新の情報が常にあり、ノウハウがしっかりとある不動産投資会社なら安心だといえます。
スタッフの対応がきちんとしているか、親身になってくれるか、などチェックしたいポイントはたくさんあります。

パートナー選びの条件としては一番大切なことは、
「あなたの資産を増やしてくれる会社かどうか」を見極めることです。
よく見落としがちな部分なのですが、実はここが一番重要なのです。

不動産投資会社とは長く付き合っていくことになりますので、担当者との相性もとても重要な部分になってきます。
やはりどのようなことでも安心して相談できる相手が好ましく、何か問題が起きた時には的確に対処して、最善の方法を提案してくれる会社と付き合いたいものです。

不動産投資で起きやすい失敗例

不動産投資に失敗はつきものです。
ですが、誰しも失敗はしたくないもの。
そこで、よくある失敗例から教訓を学んでみましょう。

入居者もすぐにみつかり、問題なく家賃収入を得られていましたが、契約更新のタイミングで入居者は退去してしまいました。そこからが想定外でした。もともと築年数も古く、駅から15分ほどのところにあった物件だったこともあり、入居者がなかなか見つからないのです。

  • 1
  • 2