紛らわしい決済処理は決済代行会社に任せよう!

決済処理、どうされていますか。頭を悩ませている方もたくさんいらっしゃることでしょう。ここはひとつ、思い切って決済代行業者にお任せしてみませんか。紛らわしい処理の手間が省けるので、コストダウンにもつながりますよ。

FC2USER732770VDR さん

27 PV

決済代行会社ってどんな会社なの?

決済代行会社は、現代のネット社会に無くてはならない存在の会社です。
何か買い物をするのに、決済代行会社を通さないと、会社側はひとつひとつ個別の対応をしなくてはいけません。
ですが、決済代行会社を利用するだけで、一括管理ができるので、その分煩雑な処理をしないでもすみます。

「決済代行会社」とは、決済ツールを導入したいネットショップとクレジットカード会社等の間に立ち、クレジットカード決済·口座振替等さまざまな決済手段を提供するサービスを行う会社です。

クレジットカード決済を導入するために、ネットショップ自らがクレジットカード会社と直接契約することは非常に難しく、高度なセキュリティシステムを構築しなければならないため、大きな時間やコストが必要になります。

「決済代行会社」では、クレジットカード決済だけでなく、口座振替、コンビニ決済、電子マネー決済等あらゆる決済サービスを提供しているため、クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードをインターネット上で使用することに抵抗を感じている方向けのサービスも同時にご利用頂けます。

決済代行会社を利用するメリット・デメリットとは

煩雑な処理をしないでもすむため、コストダウンになるなど、便利な決済代行会社ですが、メリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

さまざまな決済方法を一括管理してもらえることで、お金の管理が格段に楽になることです。決済代行会社を介さずにさまざまな決済方法を扱ってしまうと、それぞれに締め日やかかる手数料が違うことから、お金の管理自体も大変ですし、管理上の人的ミスが起こるリスクも上がってしまうでしょう。

決済代行会社は、集金代行会社という異名を持っているほど、お金の管理にとって便利です。また、支払いに伴って集まってくる顧客の大切な個人情報の管理は、手間もかかる上に神経を使う作業なので、任せられれば安心できます。

決済をする側としても、決済方法の選択肢が増えるので、より便利になります。
商品・サービスを提供する側からは、顧客の増加が見込まれるので、決済代行会社はそれだけ利用価値があるといえます。

決済代行サービスを利用すると、各決済方法を行っている会社の手数料に決済代行サービスの利用料が上乗せされたものが、売り上げから引かれます。
その金額は決して安くはありません。

顧客のクレジットカード番号や銀行口座などを決済代行業者に渡すわけですから、セキュリティがしっかりとしていないと、流出の危険があるのです。

国際決済と国内決済の違いって何?

国内決済とは、国内のクレジットカード会社と契約している決済代行会社による決済です。国内決済の場合、クレジットカード決済の情報は、国内の金融機関を経由してクレジットカード会社に届き処理されることになります。

海外決済は、海外のクレジットカード会社と契約している決済代行会社による決済です。海外決済では、決済情報が海外の金融機関を経由して処理されます。このため、お客様のカード決済明細書には、海外の金融機関名が掲載されます。

二つの決済方法で大きく違うポイントは3つあり。
① 審査
② 決済手数料
③ 支払い方法
に決定的な差があります。

決済代行会社を選ぶときに知っておきたいこと

決済代行会社を選ぶときに、知っておきたいポイントはあるのでしょうか。
個人情報を扱う会社なので、しっかりと見極めたいですね。

決済代行サービスを有効に活用したいなら、実績の上で得た、有益な情報を提供してくれる決済代行サービス会社が断然お得です。

決済代行各社は、さまざまなセキュリティーを充実させ、安全安心に決済を利用できるよう、対応しています。どのようなセキュリティーを設けているのか、監視体制や構築の頻度、等を詳しく確認するようにしましょう。

決済代行会社によって対応する決済方法は異なるため、自社にとって必要な決済方法が用意されているか、決済方法別で「決済手数料」はいくらになるのか、確認することをお勧めします。

評判の良い決済代行会社リスト

GMOペイメントゲートウェイ

ネットショップ・ECサイトでのクレジットカード決済やコンビニ決済などを一括導入できる「PGマルチペイメントサービス」を提供

マックスコネクト

  • 1
  • 2