成績UP間違いなし!人気のある英語塾まとめ

英語の成績をどうしても上げたいとき、英語塾に行くという選択肢があります。英語塾は英会話教室とは違い、授業に必要な英語を学ぶことができます。実際に、英語塾に通うと成績が上がると評判になっています。人気のある英語塾について、気になるところをまとめてみました。

FC2USER732770VDR さん

2 PV

英語塾ではどういったことを学べるのか

英語塾の学習内容は、どうなっているのでしょうか。
英会話教室との違いを含めて説明していきます。

英会話スクールそのまま読んで字のごとく「英語で会話する」ことを学びます。
英語塾は語学として文法などを勉強するところです。

「問題を解くための文法ルールの暗記する」のではなく、「ルールに従って英語を使える(=読んで、聞いて、書いて、話せる)ようになる」ことを目的に学習します。

生徒に英語で発言することこそ、アウトプット力を伸ばす近道と考え、講師の説明は重要事項に絞っています。できる限り発音する時間(音読)や演習時間を多く取り込んだ授業となっています。

英語が話せるようになりたいという目的をお持ちでしたら、英会話教室がオススメです。
ですが、文法など英語の基礎をしっかりと身につけたいのなら、英語塾を選んだほうがいいといえます。
目的別に選んだほうが、よりいいですね。

英語塾に通うことのメリット・デメリット

お子さんを英語塾に通わせる前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。その上で、英語塾を選ぶか考えてみませんか。

塾では、ネイティブな英語を学ぶことができ、学校で教わる文法や単語だけでなく、日常生活での会話やニュアンス使いを教わる事が出来るため、将来すぐに役立てる事が出来ます。

小学校からも英語が科目として正式採用になる時代ですが、小学生のうちから英語に慣れ親しんでおけば、英語という教科が苦手だ、嫌だ、という意識をなくせるメリットがあります。

一部の生徒に見られる現象で、それは「自分は英語塾に通っているから周りよりもできる」と思い込んでいることです。実際得意な子もいますが、自信だけあって、本音を言うと得意科目とはとても言えないという点数を取る生徒もいます。

英語塾によっては、文法より会話を重視したスクールがあります。そうなると、英文に弱くなってしまい、成績が下がってしまう結果を招きます。英語塾に通っているのに、成績が悪くて自信を失うケースも多々あります。

英語塾を選ぶときにチェックしたいこと!

英語塾を選ぶとき、ここだけはおさえておきたいというポイントはあるのでしょうか。
知らないで選んでしまうと、後で後悔することになってしまうかもしれませんよ。

自分にぴったりの英語塾を選ぶためには、「学ぶ目的」を明確にすることが重要です。基礎から教えてくれる塾、学校の授業を先取りして教えてくれる塾など、塾タイプと自分の目的を一致させることで、英語力がより早く身に付きます。

塾選びのときには、大学受験に強い塾や授業を先取りする塾を選ぶのではなく、何度も復習してくれる塾を選ぶようにしましょう。そして、なるべく小人数で学習できる環境が望ましいと言えます。

英語塾に通う目的ですが、英検取得を目指すのか、苦手を克服したいのか、英会話力を鍛えたいのか、先取りで学習をさせたいのか、などがあります。
それによって、どんな英語塾を選ぶのかが変わってきます。

どんなに良い授業内容が揃っていても、足を運ぶ環境にあるかどうかも重要です。
例えば、帰宅途中にある塾かどうか、徒歩圏内かどうか、開講日や時間に無理はないかどうかということです。

自分のレベルに合ったクラスがあるかどうかも重要です。
例えば、「小学校○年生向け」といった形で対象レベルがハッキリしている方が、自分のレベルに合っているかどうか分かりやすいです。

英語塾に通い始めるタイミング

英語を習い事として始めるのはいつからが良いのか、特に決まりはありませんが英語を習い事としてしっかりと学ぶのであれば3歳~5歳くらいが良いとされています。

習わせるのであれば、3歳頃が良いとされていますが、3歳くらいになると先生などが言っていることもある程度理解出来てきますし、取り組む姿勢なども比較的落ち着いて取り組むことが出来る為でもあります。

小学校低学年

英語教育のスタートがこれまでの5年生から3年生に引き下げられることも見込まれており、学歴に差がない状態から足並みを揃えて英語勉強が始まるので、この段階までに英語に触れていれば、同級生より高い理解度で授業を進めることもできるだろう。

高校受験をする中学時代

中学生は、様々な可能性を模索し始める時期。「勉強=しんどい」と解釈してしまうと、身なりや素行など個性を表現できる手段に逃げてしまう可能性もある。そうならないためにも、打ち込むものから語学に興味を抱かせたりして、中身を伴う表現手段の可能性を与えるといいだろう。

  • 1
  • 2