ワキガのつらい悩み…再発しないワキガ治療の方法とは?

ワキガに悩まされる人は少なくないでしょう。また、せっかく治療をしても再発してしまったらつらいものです。ワキガ治療をしたい人に向けて、ここでは再発しないための治療方法についてご紹介します。

FC2USER590323NAF さん

6 PV

ワキガの悩み

自覚している人から疑った事がある人までをあわせると、実に約6割もの人が「腋臭(わきが)によるニオイ」を心配していることがわかりました。

なんとなく、「自分はワキガなのではないか?」「周りに不快に思われているのではないか?」と心配になってしまう方は多いようです。

ワキガはなんとなく男性の病気というイメージをもたれがちですが、決してそうとは言いきれず、実は女性にもワキガで悩む人は多くいます。
なぜならワキガは遺伝的に決まることもあるため、女性も男性と同程度の確率でワキガになる可能性があるからです。

わきがの原因は、アポクリン腺という特殊な汗腺です。わきがは、アポクリン腺が「あるか、ないか」「多いか、少ないか」という遺伝的な要因で決まり、個人差があります。社会生活上で普通の汗臭とは違う特有なニオイとして、他人に強く感じられるようなケースを、わきがと呼んでいるのです。

女性にも多いワキガの悩み。
解決するためには治療を受けるのが一番ですが、そこで気になるのが再発しない治療方法です。

再発しない治療法は?

ワキガ治療にはさまざまな方法がありますが、その中には再発しにく治療方法があります。

再発しないワキガの治療法とは、治療後に再びワキガ症状が現れないもので、根治率が非常に高い治療法を指します。再発しない治療法としては、根治手術の「剪除法(皮弁法)」がスタンダードな方法となっていますが、医療技術の進歩により、新しい技術も提供されはじめています。

剪除法(皮弁法)と呼ばれる方法が一般的ですが、その他にも、
・ペアドライ
・PMR法
・剪除法、皮弁法
といった治療法があります。

それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

・ペアドライ

ペアドライとは、高周波(ビューホット)と超音波(ウルセラドライ)を併用することで、それぞれの治療による相乗効果で汗腺を破壊する、切らないワキガ・多汗症の治療方法です。1回の治療で高い効果が得られ、長期的に汗やニオイが抑えられるのが特徴です。

ビューホットで使用する照射針の深度は0.1mm単位で微調節が可能。そのため4~6段階に深度を変えて各深度で適切な出力に調整できます。それによってエクリン腺・アポクリン腺に狙いを定めて照射することが可能となりました。

この治療を取り入れているのは、2018年9月現在では下記の2クリニックのみです。
・川崎中央クリニック
・北海道にあるクリニック

現在、おこなわれているわきが・多汗症の治療の中でも「キズが小さく確実な治療法」です。

メリット1 臭い、汗、黄ばみを一度の治療で完治
メリット2 ワキ毛もなくなり、永久脱毛効果が得られます
メリット3 再発のおそれは一切ありません
メリット4 キズが4~5mmと小さい
キズのシワに沿って切開するのでほとんど目立ちません
メリット5 手術中の体への負担が大幅に軽減
メリット6 入院の必要もなく、回復も早い

多くのクリニックで取り入れられているスタンダードな治療法です。
傷が小さく目立ちにくいのが特長。再発もしにくいです。

保険は適用されず、治療には30万円程度の金額が必要になっていきます。

PMR法の特徴は、手術中の体の負担が少なく、日帰りができ、回復が早いこと。

また、わき毛の永久脱毛効果や多汗症改善も得る事が出来るので、わきがだけではなく、多汗症やわき毛に悩んでいる方にもお勧めな治療方法と言えるでしょう。

一般的な治療法だけあって、メリットもたくさんあります。

・剪除法、皮弁法

剪除法は、最も代表的な「わきが手術」。
数あるわきが・多汗症治療の中で、健康保険の適用が認められている唯一の治療法です。

重度のワキガの治療法としては、「反転剪除法(はんてんせんじょほう)」が長年にわたって主流です。重度の場合、汗を止める程度では臭いを抑えられないため、汗を作る汗腺自体を取り除き、根本から治療するのです。

ワキガ治療の中でも最も定番ともいえるのが剪除法、皮弁法と呼ばれる方法。
保険の適用が認められているのも特徴です。

剪除法は 5cm 程度の少し長めの傷あとが残ってしまうのが欠点です。手術時間も片側45分から1時間近くかかりますが、直接アポクリン腺を見て確実に切除していきますので、効果が確実で再発も少ない術式です。

症状が重度の場合でも治りやすいのが特長ですが、傷跡が残りやすいという欠点もあります。

  • 1
  • 2