普段着として使えるのはどんな着物?

着物に興味がある方に向けて、普段着としてチャレンジしやすい着物の種類や帯の種類をまとめてみました。

FC2USER306300FEU さん

4 PV

普段着として使いやすいのはこんな着物!

小紋(こもん)の着物

全体に同じ模様が描かれている着物を、小紋と言います。

小紋には様々なタイプがあり、無地の部分が多く、隙間を開けて飛び飛びで柄が描かれているシンプルなもの、全体に隙間なく細かな柄が描かれている豪華なものなど、印象がかなり異なってきます。

柄のバリエーションが豊富なぶん、現代のファッションとも相性が良いでしょう。最近ではブーツや下駄と組み合わせて着る女性も増えているようです。

紬(つむぎ)の着物

絹織物の一種。糸を染めてから反物に織り上げ作られる着物。先に糸を染め、その色の組み合わせにより縞や格子などの模様を織り出します。ざっくりとした風合いが魅力です。

涼しげで落ち着いた印象を与えてくれます。

無地(木綿・麻・ウール・デニムなど)の着物

季節に合わせて着物の素材をチョイスしましょう。

デニムの着物

デニムですから、使い込むほどに、洗うほどに着る人になじみ、その人らしく輝きを増します。

春から秋口まで、ロングシーズン使えるのがデニムの着物。カジュアルかつ自宅でお手入れできるのが嬉しいポイント。

夏のオススメは、ちょっとしたお出かけに麻きものを着てみること。水族館や美術館へ、ホテルでランチ……など、「ゆかたではちょっと行きにくいかも……」という場所に着て行くと、洋服では味わえない楽しさや優雅さが味わえるので、とてもオススメです。

涼しげで軽いので、日差しが強い日でもさらっと着られるでしょう。

「木綿きもの」は裏地の無い単衣(ひとえ)の着物。

真冬に着ると当然寒いので、春や秋の過ごしやすい季節のお出かけにお勧めです。

色が淡いものなら春にも使えます。

ウールの着物

ウール素材であたたかいので基本は秋冬春と、袷(あわせ)と同じ季節に着る。
ウールでもサラリと涼しげな薄手のものなら単衣(ひとえ)として着るのもあり。

羽織を合わせた重ね着スタイルなら、着物ファッションをより楽しめますよ。

羽織を使えばおしゃれ度アップ!

普段着の着物に合うのはこんな帯!

半幅帯(はんはばおび)

文庫結び、片蝶結び、貝の口など結び方を変えて、いろいろなアレンジが楽しめます。

半幅帯は、着物に使用される帯の種類の中でもとくに幅が細くて軽いのが特徴。浴衣の帯のような感覚で締められるため、初心者向きです。全体的にプリントや織柄が入っているものが多くみられます。

人気が高い半幅帯の柄

  • 1
  • 2