中古スマホを購入するなら専門の販売店に急げ!

最近はレンタル店などで中古のスマートフォンが販売されています。
ですが、中古のスマートフォンを購入したい人は専門店で購入しましょう。
今回は中古スマートフォンの購入方法についてまとめてみました。

FC2USER278324SDI さん

4 PV

中古スマホを手に入れる方法

こちらでは、中古のスマートフォンを購入する方法について集めてみました。

中古スマホを購入する手段の中で1番おすすめな方法がコレ!実物を見て、自分で触って確かめられるのは店頭販売しかありません。また、プラスでおすすめな店舗は修理を兼ねている店舗。万が一スマホが壊れてしまった場合でも、修理をその店舗で行ってもらえるからです。中古スマホでありがちなバッテリーの劣化の相談や対応もしてもらえる可能性が高いので、個人的におすすめです!

ネットショップ

ネットショップにはどのようなものがあるかと言うと、実店舗を持つ中古販売業者などが運営するオンラインショップがそれにあたります。比較的、実店舗よりも価格設定が安い傾向があり、店舗に行かずに購入できる手軽さも魅力です。実店舗と同じように「保証」が付いているので安心して購入できますが、写真だけで判断しなくてはならないのでリスクがあります。想像していたより、細かな傷があったなどということも…。

ヤフオクやメルカリなどのオークションはスマホ以外にも色々出品されているため、1度くらいは利用したことがある人も多いはず!ただ、個人同士の売買なので、商品の状態は個人の認識によって食い違う場合もありトラブルが多いのも事実です。オークションなど実物を手にできない場合や個人を特定できないところから購入する際は、こういったことを十分理解してから購入しましょう。

このように、中古のスマートフォンを購入する方法はいくつかあります。

中古スマホの市場価格を知っておくことが大事

中古でスマートフォンを購入する場合、市場価格を知っておくことが大切です。

市場価格は目安になる

相場価格は目安になる。高いか安いかの判断もしやすくなる。ただし、相場価格は固定ではなく、値動きがあるので、中古らくらくスマホの取扱に長けたお店の最新の相場価格を反映した金額を目安にすることがオススメである。

値段ばかりにこだわりすぎないこと

値段ばかりに注目してしまうことも注意が必要だ。状態が悪い為に値段が安いということもある。その場合、掘り出し物というより危険な品であり、せっかく購入しても望んでいたような使い方ができないこともあるので気をつけたい。あくまで商品状態や値段などを総合的に評価して比較することが肝要である。

複数の市場価格を見つけておく

値段の決まっている新品と異なり、中古品の場合は、商品状態などによって値段が変わってくる。納得できる値段で取引する為にも、値段を比較してみることが大切だ。少なくとも3つぐらいは比較してみると良いだろう。

このように、市場価格を知っておくことで購入時の目安になります。
複数の店舗やネットショップを見ておくことで、販売価格が安いのか高いのかを見極める判断材料にもなります。

失敗しない中古スマホを購入する方法

こちらでは中古スマートフォンを購入する時に失敗しない方法を集めました。

まず注意したいのが端末の外装です。液晶画面や本体に傷がついていないか、イヤホンなどの付属品に欠品がないかなどを確認しましょう。

バッテリーの消耗

スマホは充電が500回以上を超えるとバッテリーが寿命を迎え、消耗が早くなるため販売から1年以上経っている端末は注意が必要です。店頭で購入する場合は、電源を入れてバッテリーの減りを確認したり、カメラやブラウザが正常に動くかどうかも確認しておきましょう。最も安全なのは、バッテリーの交換サービスを行っている販売店で購入することです。

SIMカードは端末に挿入されているICチップで、電話番号など契約者の情報が記録されています。SIMカードにはおもに3つの種類があり、端末によって使えるSIMカードが異なります。ですから、購入した中古端末と手持ちのSIMカードが合わない場合は、端末を使うことができません。

SIMカードが異なる場合は、携帯ショップで変更可能ですが、手数料が2,000円前後かかります。また、中古端末を購入したその場で交換できないこともある

このように、失敗しないためのポイントはいくつかあるので後悔しないためにも、しっかり覚えておきましょう。

  • 1
  • 2