注文住宅を町田市で建てるならこの工務店

町田市で注文住宅を建てるなら、オススメの工務店があります。
こちらでは、どこの工務店がオススメなのか、その理由も合わせてまとめてみました。

FC2USER174203JRZ さん

4 PV

工務店を選ぶときに注意したいこと

工務店選びで注意したいことは何か分かりますか?
大切な家を任せるからこそ、気をつけなければいけないこともあるのです。
こちらでは、工務店を選ぶ時に注意したいことを集めてみました。

取り寄せた資料やホームページなどを読み込み、どのような業態で、何が得意で何が不得意なのかを確認しましょう。分からない場合は、電話や訪問して確かめて見ましょう。説明があいまいだったりする場合は注意が必要です。

ファーストタッチがだらしない工務店は、十中八九、工事もだらしないものです。工期を守らない、住宅に傷をつける、現場が汚くて隣家から苦情が来る、などはだらしない工務店の典型的なトラブルです。

また、社長の経営哲学なども大切な判断材料です。社長の考え方一つで、職人の意識やレベル、現場の様子は違ってきます。

建物のデザインに目が留まりがちですが、仕上げの丁寧さや正確さに目を向けることが重要です。機会があれば、住んでいるお宅の方に建築中や引渡し後の対応も聞きましょう。

工務店といい関係が築けているようであれば、建物の満足度も高いはずです。その他、建築士や施工管理技士などの技術や資格を有する技術スタッフを抱えているか、確認します。工務店の技術力や姿勢が表れます。

このように気をつけたいポイントは多くあります。
これらが悪い工務店の場合、高額な費用をかけて建てた家に愛着を持てなくなる可能性があるので注意してください。

町田市にある工務店の特徴を紹介

こちらでは、町田市にあるオススメ工務店を集めてみました。
どの工務店も素晴らしい技術を持っているので、候補に入れてみてください。

イギリス・ロンドンの建築家事務所に在籍していた鈴木亨氏を中心に、専門のスタッフが設計。
素材を見極める目を持った、専属の大工が施工を手がける。
住まい手の想いを聞き出し、顕在化していない想いに気づいて貰う”bespoken”の家づくりを実践。

桧、杉、桐といった国産の無垢材や、珪藻土などの自然素材を使用した家づくりが特徴。
ご家族の希望、要望に応じて、特殊な設計にも柔軟に対応してくれる。
木材のことを知り尽くした専属の職人組織「石雄会」のスタッフが施工を担当。
耐震+断熱+自然素材による「自然素材を使い、安心して快適に長く住める家」がコンセプト。

オーシャンハウス

施主と打ち合せしながら最適なプランを提案するオーダーメイドスタイル。
社内の建築施工管理技士を中心としたスタッフが、地鎮祭から引渡しまで担当。

このように、さまざまなこだわりを持って家づくりに取り組んでいます。
素材や接客態度など、それぞれ重視するポイントに近い工務店選びをしましょう。

注文住宅を建てるのに必要になってくる費用

こちらでは、注文住宅を建てるのに必要な費用について集めてみました。
最初に決めた予算が多ければ多いほど、依頼主の求める条件に近い家が完成します。

土地の購入時に支払うお金

内訳としては、手付金(物件価格の5%~10%)、購入物件の残代金(物件価格-手付金-住宅ローン借入金)、購入諸費用(印紙税・仲介手数料の半金)となる。購入諸費用は「土地代金+家の工事費用」の6%~10%が目安となる。ただし、土地の条件や建築工事のスケジュールや住宅ローンの借り方によってはこれより多くなることも。

家の建築時に支払うお金

工事契約時に工事契約金・建築確認申請費、着工時に着工金・地鎮祭費用、上棟時に中間金・上棟式費用、引き渡し前には建築費の残代金・建物の登記費用(不動産登記・抵当権設定登記時に必要な登録免許税など)などがかかる。

引き渡しまでに支払う購入諸費用としては、ローン借入費用(事務手数料・保証料・火災保険料など。つなぎ融資が必要なローンもある)、これに加えて税金などの清算金。

費用と言っても、土地代建物代諸費用などさまざまです。
特に諸費用については、建てる家の規模などによって変わってくるので、きちんと説明を受けておくことが大切です。

  • 1
  • 2