理想とする住宅を手に入れるなら高級注文住宅会社に依頼しよう

一般的に売られている住宅では理想の家は建てられない、このように感じているなら、高級注文住宅の利用がおすすめです。高級注文住宅とはどのような特徴があるのかまとめてみました。どんな希望をかなえやすいかも見てみてください。

FC2USER125841OXP さん

448 PV

高級注文住宅会社って、どんな会社なのか

高級注文住宅。なんとなくイメージはできるものの、その定義は明確に決まっているわけではありません。ふんだんにコストをかける、使用する材料や仕様に贅をつくす、そこでしか得られないようなロケーションにこだわる──。

高級注文住宅を専門に手がける住宅会社は、企画力、提案力、センスにすぐれ、かつ同様の住宅に数多く関わるなかで、高級注文住宅を求める層の暮らしぶりを理解し、一般の住宅にはない空気感のようなものを与えることができるからです。

高級注文住宅を手掛けるメーカーは、特定の仕様にこだわるのではなく、購入者の希望を叶えるための会社です。

家族みんなが集う開放的なオープンキッチン。使い勝手のいいL字型、空間をスッキリと見せる壁付きのI型。

「外観は欧風がいいなぁ」

「キッチンは少し広めに!」

「耐震性のある家で、家族と安心して暮らしたい」



こういった様々な要望を実現できることは、大きな魅力です。

決して某グループの歌をもじったわけではありませんが、”世界に一つだけ”という響きはとてもいいですよね。

高級注文住宅はこのようなこだわりの家を建てるためのメーカーだといえるでしょう。
費用は確かにかかりますが、建て主の希望を細かく叶えるノウハウを持っています。

高級注文住宅会社の特徴を紹介

実際に高級注文住宅を手掛けている会社は次の通りです。
次に挙げる会社は、それぞれこだわりの住宅作りをしています。

東京都に本社を構え、100年以上の実績を持つ高級注文住宅会社です。

水澤工務店 有名な建築家に設計を依頼して水澤工務店が工事を行うスタイル
一流の建築家との実績で培ってきた経験と感性を基に、こだわりの提案を行う自社の設計部もある
イメージを具体化するためのコミュニケーションを重視
大工の代表棟梁が「現代の名工」に選ばれる

創業から約100年、木造技術からコンクリート造、鉄骨造、鉄板構造を用い、
個人邸・寺社仏閣・茶室から美術館・商業施設・料亭・インテリア・リニューアル
・古民家再生など、幅広い領域で施工実績を重ねてまいりました。

私たちは、創業期より、多くの優れた建築家の先生方や普請にこだわるお客様と仕事を
ご一緒させていただき、その経験は社員と職人に、強い美意識をもたらしました。
自社設計においても、昭和20年代に設計部門を立ち上げ『意匠性』と快適性を追求し、
永く愛される建物をお客様と共に創造しています。

自然素材にこだわった住宅を得意としているメーカーで、長く暮らしても古く感じさせない工夫ができます。

HOPが建築したニセコのラグジュアリーな山荘「白鳥山(はくちょうざん)」が、この『ワールド・スキー・アワード』の「ベスト・スキー・シャレー部門」にノミネートされました。

世界中の旅行・観光産業における、さまざまな事業分野を対象とした総合的な表彰制度、『ワールド・トラベル・アワード』。200ヶ国以上の旅行・ホスピタリティの専門家の投票によって受賞が決定されることから、“旅行業界のオスカー”とも評されています。

高品質の国産材で100年先を見据えた家づくりを行う。その目標のために、林野庁、北海道、空知芦別木材協会の協力の下で、ハウジングオペレーションアーキテクツは製材、流通、設計、建築の関連業者を一本化させて、産地直送の木材流通システムを1997年に確立しました。

伝統的な木造建築が特徴的で、数々の賞も受賞しています。

佐藤秀デザインは、総合建設会社「佐藤秀」の
設計部門です。
高級ブランドとして評価の高い住宅をはじめ、
オフィスビル、学校、工場、社寺建築まで、
幅広いフィールドで建物を創造。
デザイン性と確かな設計技術、高い品質基準で、
満足度の高い建物づくりを実現しています。

施主の夢や要望、心地よさを追求する家づくりを基本コンセプトとしています。
普遍的なデザインと新しい技術をバランスよく取り入れ、時間経過と共に味わいを増す本物の住まいを目指しているそうです。

棟持ち柱を擁した大屋根がダイナミック。“佐藤秀調”を代表するような豪華な別荘風邸宅です。建物の設計だけではなく、内部の家具や照明も佐藤秀三のデザインを再現したというシンボリックな施工例です。

注文住宅を建てるのに必要となる費用

住宅金融支援機構のデータによると、住宅面積の全国平均は約129.3m2、建築費は約3308万円。地域によって平均的な広さや建築費にバラツキはあるが、約130m2(約40坪)くらいの広さの家を建てる場合、建築費に3000万円台前半の費用がかかりそうというイメージができるだろう。

ハウスメーカーでも1000万円前後から建てられる家や、2000万円台、3000万円台、4000万円台など、さまざまな価格帯の住宅商品を用意している。

4,000万円台が18%、5,000万円台が11%と続きますが、4,000万円台〜5,000万円台の注文住宅を建築した人の多くは、2世帯住宅や3世帯住宅といった大きな住宅を建築したことが理由のようです。

仕様にもよりますが、注文住宅はこだわるほど値段が高額になります。高級住宅にもなると、家の建設費用が4000万円以上になることも十分に考えられます。

たとえば、坪単価が100万円の場合、50坪の住宅を建設すると、計算式は以下のようになります。

100万円(坪単価) × 50坪(建坪) = 5,000万円(住宅の値段)

ある程度の土地の広さに住宅を建てるとなると3,000万円台、こだわりの仕様にする場合は4,000万円台くらいを想定しておきましょう。
もちろん建材にこだわればそれ以上の費用がかかることもあります。

  • 1
  • 2
PR