困った困った!急なトイレつまりの解消法

トイレが詰まるという事態は、日常生活を脅かす大問題です。覚えておくと便利なトイレ詰まりの対処法や持っておくと便利な道具のほか、いざという時に頼りになるおすすめの業者など、トイレ詰まりを解消するあれこれをまとめました。

FC2USER405732CQO さん

12 PV

トイレが詰まってしまう前兆って?

トイレが詰まると、日常生活にかなりの支障が出てしまいます。
急に詰まってしまう印象がありますが、実は全長やはっきりとした原因があるのです。
その前兆を見逃していると、いきなり非常事態なんてことになることも。
前兆や原因などのポイントをきちんと確認しておきましょう。

①トイレに溜まっている水の水位が高い

トイレに溜まっている水の水位が高い場合は、トイレがや排水管が詰まりかけているサインです。異物が詰まって、水が流れにくくなっているのが原因です。この場合は、ぬるま湯を5分おきに流していけば自然に解消することが多いので、早めに対処しましょう。

②流すときに異常音がする

「流す際に変な音がする」という場合は、深刻な問題が考えられます。排水管の先の方が詰まっているかもしれないのです。それで、音が毎日するという場合は、便器をはずし、トーラーと呼ばれる排水管の中を回転しながら掃除する器具で詰りを取ることになります。

トイレが詰まる2つの原因とは

基本的に、トイレに流せるものはトイレットペーパーと、流すことが可能なお掃除シートくらいです。誤解されやすいのですがティッシュペーパーはトイレに流してはいけません!トイレットペーパーがないという不足の事態には代用品として使用することもあると思いますが、ティッシュは水に溶けないので、流すと詰まりますよ!また、ポケットに入っていたペンやカイロなども誤って流すと詰まる原因になります。

トイレのタンクの中にペットボトルを入れ、水をかさ増しする節水方法がありますがこれも詰まる原因になります。水の流れる勢いで流す仕組みですので、水が少ないと流れが悪くなるのは当然想定できます。
また、タンクの元栓を少し締めて、水の流量を減らす節水対策も同じです。基本的に、製造メーカーが想定した水量が入るタンクになっていますので、勝手に水を減らすと故障の原因にもなります。

トイレットペーパーやトイレに流せるお掃除シート以外は、トイレに流さないようによく注意しましょう。
また、節水を目的に少量の水しか流さないという場合もトイレ詰まりの原因につながるので、本来の使用方法以外の使用はやめるようにしましょう。

知って得する解消法

トイレが詰まってしまうとすぐに業者さんを呼ばなくてはと思いがちですが、ある程度軽めの詰まりなら自分で対処することが可能です。

①バケツで勢いよく流す

トイレットペーパーなど、本来水に溶けるはずのものが詰まってしまった場合に効果的な方法です。
本来溶けるはずのものが溶けていないということは、塊になっていたりして溶けづらい状態にあると考えられます。
バケツで水をジョロジョロと滝のように落とす方法で、便座の中に水の動きや隙間を作り出して、溶けやすくしてあげるイメージです。

一気に流しすぎないことや、便器内の水位が高い場合は減らすなどの注意が必要です。

②ラバーカップを使う

トイレのつまり解消に役立つ道具といえばこれ「ラバーカップ」。いわゆるスッポンと言われるものです。

水道修理業者でもよく使う、ごく一般的なつまりの修理道具。おもちゃなど固形物や異物が詰まった場合を除き、ほぼ全ての詰まりを解消できます。

ただし、正しい使い方をしないと効果は減少。思ったような直り方をしないことも多いです。

ラバーカップを使う時、まずは排水口と水平になるように先端部分をくっつけます。

次にゆっくりと押し込んでいきます。静かに、徐々に押し込んでいくのがコツです。もう押し込めないところまで来たら、勢いをつけてグッと引っ張ります。

これを何度か行うと、つまりがなくなった感覚があったり、ゴボゴボと音がするはずです。それがつまりが解消された合図となります。

どこの家庭にもある「スッポン」ですが、実は正しい使い方が分からないという人も多いのではないでしょうか。
ゆっくりと押し込み勢いをつけて引っ張るのが正しい使い方だそうです。

③薬剤を使って溶かす

手軽につまりを解消できる薬剤。ラバーカップを使っても解決できないほどのつまりを取り除いてくれます。ただし、つまりの原因によって使用する薬剤が違ってくるのです。また、他の薬剤とまぜると有害ガスが発生させてしまうこともあるので注意してください。

販売されているトイレ詰まりに効果のある薬剤はいくつかありますが、薬剤を入れてから時間をおくものが多く、即効性は期待できないのが残念なところです。
薬剤の使い方は、基本的には便器に入れて規定の時間だけ放置、そして水で流すというものです。そして繰り返すことでだんだん効果が出てくるものが多いようです。

薬剤は配管にダメージを与えてしまうこともあるため、使用法をしっかり読んで使用するようにしましょう。

準備しておくと便利な道具

いざという時のために、ラバーカップだけでなく色々準備しておくと安心ですね。
日常生活で使用するものがほとんどなので、揃えやすいのもうれしいです。

【簡単なつまり】
手袋/空バケツ/水入りバケツ/新聞紙/雑巾/ラバーカップ/火バサミを準備。
【頑固なつまり】
重曹(カップ1/4)/食物酢(カップ1/2)/ぬるま湯を準備。

  • 1
  • 2