戦士って何千年前からいたんだろう・・?ちょっと昔にタイムスリップしてみよう!

戦士ってなんだかカッコイイですよね。そんな戦士に憧れている人も少なくないのです。まずは、戦士の歴史について調べていきましょう。また、現代の戦士についても触れていきます。そして、戦士がどのような性格をしているのかも紹介いていくので、自分に当てはまるかチェックしてみましょう。

Lodester7 さん

18 PV

男子は共感!戦士への憧れ

男の子から社会人の男性まで、戦士に憧れる人がいます。

確かにそれもいいけどギリシャの戦士みたいなミニスカ男子はダメっすかねえ。個人的にむちゃ憧れの物の一つ。バーバリアンとかグラディエーターとか。

戦士の中でも、剣闘士に憧れる人も少なくないとされています。多くの人を魅了しているのです。

ゲームでも、戦士を選ぶ人が多いようですね。

わたくし、戦士から始まって暗黒・ナイトとカンストしましたけど
やっぱ斧をずっと担いでたせいか
戦士が好きなんですよねぇ

ゲームの戦士に憧れる人もいるようです。どうやら、戦士は相当人気みたいですね。

戦士はいつから居たの?戦士の歴史は古い

人気の高い戦士ですが、彼らは古くから存在していました。そんな戦士達の歴史にも迫っていきましょう。

人気の高い戦士ですが、彼らは古くから存在していました。そんな戦士達の歴史にも迫っていきましょう。

■世界的にも有名なスパルタの戦士

厳しい検査を乗り越え、スクスクと成長したスパルタの子どものうち男の子は、7歳になると強制的に軍隊の駐屯地に集められ、同じ規律の下で新たな生活を始める。その規律とは、「命令に服従すること」「試練に耐え、闘いとなったら必ず勝つこと」。そこで5年間鍛えられて12歳になると、全裸での生活をはじめ、沐浴も禁止される。ちなみに、この生活は30歳になるまで続く。

その軍事力を維持し強めるために、厳しい軍国主義を採用し、子供(スパルタにおいては市民の女子も戦士として同様に扱われた)たちを厳しく育てる「スパルタ教育」が行われていた。また、強力な陸軍をもっていたので、「城壁は人なり」という考えから、他のポリスのような城壁を築かなかった。

まさに戦闘民族といっても過言ではない時代がありました。この時代の戦士は相当強かったと記されています。

戦士はギリシャだけではなく、世界各国に存在していました。

【不死隊(ふしたい)とはアケメネス朝ペルシアの定員一万人の精鋭部隊である。ペルシア戦争期にはヒュダルネスが率いた。
一人の兵士が倒されてもまた別の新しい兵士がすぐに補充され戦闘に加わり戦ったことからヘロドトスがこれを指してアタナトイ(不死の意)

■中世の騎士

最初に騎士が登場したのは、8世紀のシャルルマーニュの治世だ。9世紀になると多くの騎士や貴族が王から領土を与えられ、その見返りとして有事の際は戦争に出た。

騎士とは文字通り「馬に乗り戦う者」を指す。
中世初期において戦いの主力は歩兵であったが、時代が進むにつれ馬具などの改良により騎乗しながらも十分な戦闘ができるようになると、その機動性から騎兵は戦力の要となっていったのだ。

この時代は槍や剣だけでなく、馬に乗った戦い方を取り入れるようになったのです。礼儀を重んじる騎士道という言葉は、この時代に作られたようですね。

このほかにもイングランドの長弓兵など様々な戦士が存在しました。

イングランドの秘密兵器 - ロングボウ兵
百年戦争において、クレシー、ポワティエ、アジャンクールでフランスの大軍を打ち破ったロングボウはイングランドの秘密兵器と見られることもあるが*1、ロングボウ自体は古くからウェールズで使用されていた長弓に過ぎず、真の秘密兵器はその集団運用とそれを可能にしたロングボウ兵の育成なのだ。

現代にも戦士がいた!形を変えて存在する戦士

戦士というのは昔の人というイメージを持つのが一般的でしょう。しかし、現代にも戦士はいるのです。現代ではどのような戦士が存在しているのか、調べてみましょう。

33歳のダミアン・マンダーは特殊作戦部隊の狙撃兵や爆発物処理ダイバーとしてオーストラリアに奉仕しました。イラク駐屯中には、特殊警察訓練学校を統括し、多い時には一度に700名の士官候補生の訓練を監督しました。

アメリカ陸軍特殊作戦コマンドの傘下にある歩兵連隊。通常戦闘、特殊作戦を遂行する特殊部隊であり、米陸軍の主要な作戦には必ず参加している。

他にもロシアのスペツナズやイギリスのSAS,イスラエルのサイェレット・マトカルなどの特殊部隊が有名です。
昔のように剣や槍は持っていませんが、現代にも戦士は人知れず活動しているようですね。

  • 1
  • 2