古銭の値打ちがいくらか

穴銭、江戸時代古金銀、明治金貨銀貨、地方貨幣。貨幣カタログや造幣局の情報を元に作成

fc2IDsns さん

21 PV

100万円以上もある古銭のプレミア

銀貨なら1000円から10万円
銅貨なら10円から1万円
金は大判小判等重さで価値が変わる
プレミアの付くような古金銀になると100万円以上の値打ち
古いものでも昭和のお札、硬貨にレア種類があります。古銭の値打ちは写真やメール撮影、直接鑑定するなどしてわかります。鑑定額は普通の種類でも一枚100円以上。1000円を超えてくるものもあるため絶対に鑑定が必要
昭和のお金でもレアなものがある。エラー紙幣、プレミアの記念硬貨、50円玉でも貴重な年代だと1枚で1000円以上になる。古銭といっても明治から大正、昭和まで入る。
徳川時代以前、豊臣秀吉の時代から銀貨は使われてきた。中国などと貿易するにも銀の古銭が必要だった。今でも銀貨は大量にあって、1万円を超える値打ちのものもある。プレミア古銭は100万円以上の鑑定になる

古銭価格例
小判 10万円
大判 50万円
豆板銀 1万円
丁銀 1万円
寛永通宝 100円

  • 1