切手の買取の真実

切手の買取の真実
安い安いというのは本当?

fc2IDsns さん

17 PV

見返り美人がなぜ安くなったのか 国家の陰謀 業者の策略
プレミア切手の価値はこれからどうなる?

鑑定とは物の評価額を決めること

切手はもともと価値が決まっているもの

82円だから82円

昔の8円なら今いくらなのか

骨董切手だから10万円というのは適正価格か

ビンテージにも数百円から1億円までさまざま

切手の価値を決めるのは一部のコレクター

ペルー・リマの切手。名前も知らない切手が高額査定。日本、海外問わず、切手の価値は希少性。珍しさや美術的価値などがある。現代のものでも非売品で数枚しかないようなレアは高額例がある

イギリスは切手の母国。ただプレミアが付くものは一部になる。世界的な知名度があるものでも、数枚しか存在しない希少な種類よりは安くなる。物の価値は額面や年代、種類だけでは決まらない

日本は切手ブームが終わった。東京五輪の切手も額面割れで価値が下がっている。2020年の記念切手はこれから発売されるが、限定切手の販売でもしなければ高額で話題にはならない。郵便切手のままか、貴重な限定記念切手として殿堂入りするのかが注目される

  • 1