植物性セラミドのパワーとサキナのサプリメント

スキンケア商品に配合されているセラミドには動物性や植物性、合成などあります。動物性は現在は良いイメージが無くなってきており、植物性セラミドに注目が集まってきています。そんな植物性セラミドの紹介とサキナで植物性セラミドを配合したサプリメントを紹介します。

テリーのばか! さん

16 PV

植物性セラミドとは

植物性セラミドとは、米・トウモロコシ・大豆・こんにゃく芋などといった植物から抽出されたセラミド成分のことを指します。植物由来のため、化粧品やサプリメントに配合しても、身体に優しく刺激になりにくいという特徴を持っています。
しかし、米・大豆・麦由来の場合、人によってはアレルゲンとなるケースも少なくないので、最近ではそのリスクが少なくセラミドの含有量が多い、こんにゃく芋由来のセラミドが注目されています

植物性セラミドのメリット

動物性セラミドと同じく天然由来の植物性セラミドは、肌への浸透力が高いことがメリットとして上げられます。また、原材料となる植物のほとんどが普段食用として私たちが食べているものなので、他の種類のセラミドと比較して、身体に優しく刺激になりにくいのが魅力です。

そのため、酷い敏感肌やアトピー肌にも安心して使用できる成分として、低刺激なスキンケアシリーズに多く採用されています。
動物性のセラミドに比べ、安価なものが多いというのも、植物由来の大きなメリットでしょう。

植物性セラミドのデメリット

植物性セラミドのデメリットには、動物性のセラミドに比べると、多少効果が弱いという点です。植物由来の成分ですので、人間の肌にあるセラミドとは微妙に構造が異なっており、そのため親和性に関してはどうしても低くなってしまうのです。

また、米・麦・大豆などから抽出されたセラミドは、それらをアレルゲンとする人にはおススメできません。こんにゃくセラミドなど、アレルゲンになりにくいものを選んでくださいね。

サキナ セラミド

〈セラミド含有加工食品〉

パイナップル果実から抽出したフルーツセラミドを中心に月桃葉エキス、ビタミンB2を配合した美容のための健康補助食品です。
爽やかなパイナップル風味のゼリータイプ。

サキナ セラミドの全成分

原材料名:
エリスリトール、パイナップル果実抽出物(セラミド含有)、パイナップル濃縮果汁、月桃葉エキス粉末、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)、V.B2、(原材料の一部に大豆を含む)

サキナ セラミドの3つのこだわり

こだわり1
減っていくものだから。内側からしっかりケア
肌の角層に多く存在するセラミド。保湿やバリア機能に大きな役割を担っている成分ですが、年齢と共に減少したり、乾燥肌やトラブル肌では著しく減少しているとも言われています。

こだわり2
透明感のある輝きへ導くブライトニングパイン®
サキナ セラミドはパイナップル果実から抽出した、安心安全なフルーツセラミド「ブライトニングパイン®(パイナップル果実抽出物)」を採用。たべてからだの中からうるおって、明るく輝く素肌に導きます。 ※ブライトニングパイン®は丸善製薬株式会社の登録商標です。

こだわり3
明るい透明感をサポート
フルーツセラミドをサポートする2つの美容成分。 ◎月桃葉エキス【沖縄で伝統料理にも用いられる月桃の葉から抽出した美容成分。美容業界や健康食品業界でも注目の成分。】 ◎ビタミンB2【代謝のサポートや健康な肌を育むといった美容に関わりのあるビタミン。】

  • 1