【新感覚】焼酎・日本酒の酒蔵と出会える「蔵こん」が想像以上に魅力的!

日本酒に焼酎...♪晩酌を楽しみに日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか?より自分好みのお酒と出会い、酒蔵と直接コミュニケーションもとれるシステムの「蔵こん」魅力のに注目してみました。

更新日 2017年11月10日

FC2USER665505DYE さん

2 PV

お酒が大好き

お酒って美味しいですよね
日々のストレスも軽減してくれるし
適量であれば健康にも良いという説もあります

親しい友人と、家族と、ひとりでじっくりと、
お酒をたしなむ時間は他の何にも変えられない
充実感、満足感、高揚感に満たされるという人も多いでしょう

酒蔵と交流できるサイトがあった

「蔵こん」は焼酎・日本酒の酒蔵と出会うコミュニケーションウェブメディアです。
お酒を通じた酒蔵とのコミュニケーションによって、少しだけお酒を飲むのを楽しくするサービスです。

お酒が好きと言っても、酒蔵・酒元にまで足を踏み入れてお酒の歴史や深みを感じたことのある方はそう多くはないのではないでしょうか

そんな方にもぜひ利用をお勧めしたいなと個人的に注目しているサイトがあるので紹介します
焼酎・日本酒の酒蔵と出会うコミュニケーションウェブメディア「蔵こん」です
お酒を通じた酒蔵とのコミュニケーションを楽しむことができます

酒蔵・蔵元に直接伺うような、あたたかいコミュニケーションを
酒蔵側とコメントのやりとりなどを通じて行えるシステムになっています

蔵こんのメリット①ボタンで気軽にコミュニケーション

サイト内に、気になるお酒があったなら「気になる」ボタンを。
飲んだお酒があったなら「飲みました」ボタンを。
飲んで気に入ったお酒があったなら「もう一杯」ボタンを押してください。
「気になる」「飲みました」「もう一杯」のボタンを押したお酒のデータは、マイページに保存されていきます。

「気になる」「飲みました」「もう一杯」のボタンがあり
フェイスブックやツイッターの「いいね」のように気軽に押すことが出来ます

仮にこのサイトのシステムがコメント投稿のみだったのなら
もしかしたら愛用者も現状より少ないのかもしれません

コメントもいいねも大して違わないでしょうか?
いいえ、やはり”気軽さ”というのは何にも変えがたいものですよね
日常的に使う人が多数いるツイッターやフェイスブックと同じように
生活の一部として活用していける使いやすさが、蔵こんにはあるように感じます

登録酒蔵一覧です

https://kura-con.jp/sake_brewery/ より

蔵こんのメリット②酒蔵・酒元からリアクションがあることも!

「蔵こん」内のお酒に飲んだ感想や気になっていることをコメントすれば、そのお酒を造っている酒蔵から、リアクションが返ってくるかもしれません。

「気になる」「飲みました」などのボタンのアクションだけでなく、
興味のあるお酒の紹介ページにユーザーがコメントを残すことも出来ます
自分好みの日本酒・焼酎が見つかったらぜひコメントを残してみては?

よくあるサイトであればそのユーザーからのメッセージは一方通行ですが
蔵こんが他とは違うポイントは、酒蔵・蔵元からリアクションがあるかもしれない、というところです
よりお酒への知識や思い、愛情までも深めるきっかけとなりそうです
いつもよりももっとお酒を楽しめちゃうのが蔵こんの魅力ですね

蔵こんのメリット③情報が圧倒的に正確

世に多く展開されているサイトに記載されている情報は、残念ながら信憑性のあるものばかりとは限りません
口コミや評判、ランキング等に留まらず、生産地等も時には間違えた記載をしているところもあるかもしれません

しかし「蔵こん」はその点は本当に安心です
蔵こんに記載するお酒の情報はすべて酒蔵・蔵元が直接発信しているためです
あらゆる情報が飛び交う時代の中で信頼できる情報がそこにある、というのは
ユーザーにとっても頼もしく心強い空間となっている気がします


自分の気になる蔵をリクエストできるページ

運営側が蔵に声をかけてみてくれるそうで、
もしかしたら蔵こんに、気になっている蔵が登録されるかもしれません


https://kura-con.jp/%E8%94%B5%E3%82%92%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88-1385/
より

いかがでしたでしょうか
少しだけお酒を飲むのを楽しくする、コミュニケーションウェブメディア
「蔵こん」の魅力をご紹介しました

普段生活していてもなかなか酒蔵・蔵元と繋がりチャンスは来ないですが
蔵こんでは、やりとりも可能なので嬉しいし、便利ですよね
よくランキング上位に入っているのを見るけどまだ口にした事がない...
というお酒があったら、まずは蔵こんで検索してみてはいかがでしょうか

そこでしか得られない知識や情報を頭に入れてから飲むお酒は
また格別に美味しく感じられることと思います♪

  • 1